古館清吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古館 清吾(ふるだて せいご、1928年(昭和3年) - )は、日本の元裁判官弁護士。元宇都宮家庭裁判所所長。北海道大学法学部卒業。第一東京弁護士会所属。北海道出身。

札幌地方裁判所判事釧路家庭裁判所判事、仙台地方裁判所判事、長野家庭裁判所判事などを経て、1977年(昭和52年)東京地方裁判所部総括判事。1983年(昭和58年)横浜地方裁判所部総括判事。1987年(昭和62年)宇都宮家庭裁判所所長。1989年(平成元年)停年退官後、公証人東洋大学法学部教授1998年公証人退任。東洋大学退職。弁護士を開業。

この他、司法研修所教官も務める

受賞歴[編集]

勲二等瑞宝章(1998年)

著書・主な論文[編集]

  • 『大気汚染防止法および水質汚濁防止法の一部を改正する法律と民事責任』(旬刊商事法務 2-7号 1972年)
  • 『労働訴訟(新・実務民事訴訟講座11巻)』(日本評論社, 1982年)

参考文献[編集]

『北海道人物・人材リスト 2004 なーわ』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)