古関正裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古関 正裕
(こせき まさひろ)
ペンネーム 真佐 裕哉
誕生 (1946-07-10) 1946年7月10日(74歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学
活動期間 2008年 -
代表作 『君はるか 古関裕而と金子の恋』
デビュー作 『緋色のラプソディー』
親族 古関裕而(父)、古関金子(母)
テンプレートを表示
古関正裕
担当楽器 キーボード、ピアノ
共同作業者 喜多三
公式サイト 古関裕而を歌い継ぐライブユニット「喜多三(KITASAN)」

古関 正裕(こせき まさひろ、1946年昭和21年〉7月10日[1] - )は、日本の著作家[2]音楽家[3]。古関裕而音楽事務所代表[4]。父は作曲家古関裕而、母は声楽家詩人古関金子。著述業での筆名は真佐 裕哉(まさ ひろや)で、著書に『緋色のラプソディー』(2008年)がある[4]東京都出身、早稲田大学卒業[5]

経歴[編集]

姉が2人の3人姉弟の家庭環境で、ビートルズの流行する世代で育つ[6]。父譲りの音楽好きで、小学1年生から12年間、ピアノを習う[5]。高校時代は、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに夢中で、父の曲にはほとんど関心がなかったが、1964年(昭和39年)開催の東京オリンピック行進曲『オリンピック・マーチ』のみはレコードで繰り返し聴き、後年に「思い出の一曲」と絶賛している[7]

学生時代に、グループ・サウンズヴィレッジ・シンガーズ」にキーボードで参加し[6]カントリーバンドでもピアノで活動する[5][8]。一時はプロを考え、「父の曲は古い」というイメージも持つ[5][6]。しかし、自作の音楽を父の古関裕而に聞かせたところ「頭で考えて作っているね」と言われ、音楽では何をやっても父を超えられないと考えたこと、また「親の七光り」と思われるのを嫌ったことで、「音楽は趣味で楽しもう」と考えて、敢えて異なる道を選ぶ[5][9]。早稲田大学では数学を専攻。卒業後は日本経済新聞社に就職し[10]、電子メディア局などで[6]、オンライン情報システムの設計などに取り組む[5]

1998年(平成10年)、52歳で早期退職[5][11]。実家が呉服屋だった縁からか、ブティックを始めた後[11]小説の執筆にも取り組む[5]。やがて、学生時代のバンド仲間が次々に退職し、中年男性同士でのバンドを組むとの話が持ち上がり、「父の曲を自分で演奏するのも良い」と考え、「もう一度音楽を勉強しよう」と、ピアノ教室での勉強を再開する[6][11]

2009年(平成21年)、父の生誕100周年を記念して、出身地である福島市に記念碑が設置されたことを機に、父の音楽の魅力を伝えるのが自分の務めと考えて、CD全集を企画・監修する[6]。同2009年、このCDの企画監修で日本レコード大賞の企画賞を受賞する[5]。父の没後の25年後にあたる2013年平成25年)、音楽仲間の勧めもあり[5]、父の音楽を中心とした音楽ユニットを結成[10]、生家である喜多三呉服店から「喜多三」と命名し、福祉施設などでの演奏で活動している[6][12]

両親をモデルとしたNHK連続テレビ小説エール』の放映年度である2020年令和2年)の2月には、両親の生涯を小説仕立てとして著した作品『君はるか 古関裕而と金子の恋』(集英社インターナショナル)を発表[13]。また、同年、福島民報企画による父・古関裕而のベストアルバム『あなたが選んだ古関メロディーベスト30』の監修も務める[14]。同2020年10月出版の、母・古関金子の生涯を紹介する『豊橋生まれの声楽家・古関裕而の妻 古関金子』(豊川堂)では監修として、両親の写真の提供も手掛けている[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 刑部芳則 (2020年10月21日). “朝ドラ『エール』モデル・古関裕而と『鐘の鳴る丘』「子供たちがラジオの前にとんでくるくらいの曲を」”. 婦人公論. 中央公論新社. p. 2. 2020年10月27日閲覧。
  2. ^ 「これでリフレッシュ お気に入り、壁にずらり 著述業の古関さんは絵画鑑賞」『朝日新聞朝日新聞社、2009年3月26日、東京地方版 福島、24面。
  3. ^ 西正之「古関裕而ベスト盤、朝ドラ「エール」効果で好調」『朝日新聞』、2020年6月18日、東京夕刊、2面。
  4. ^ a b 今村茜「語り継ぐ古関裕而 生誕100年を迎えて 長男・古関正裕さん」『毎日新聞毎日新聞社、2009年8月10日、地方版 福島、18面。
  5. ^ a b c d e f g h i j 村島有紀「父の教え 音楽ユニット「喜多三」主宰・古関正裕さん」『産経新聞産経新聞社、2014年2月5日、東京朝刊、19面。2020年10月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 小泉信一「ひと 古関正裕さん 古関メロディーを継ぐ長男で音楽家」『朝日新聞』、2016年5月11日、東京朝刊、2面。
  7. ^ 【古関裕而生誕110年】長男・古関正裕さんに聞く 父が怒ったの一度だけ」『福島民友』福島民友新聞社、2019年8月11日。2020年10月27日閲覧。
  8. ^ 「戦後75年 終わらぬ夏 古関正裕さん」『読売新聞読売新聞社、2020年8月1日、東京朝刊、7面。
  9. ^ 内山靖子 (2020年9月14日). “朝ドラ『エール』モデル古関夫妻の素顔を息子が語る「母は家事の合間に、オペラのアリアを歌っていた」”. p. 3. 2020年10月27日閲覧。
  10. ^ a b 古関正裕『君はるか 古関裕而と金子の恋』集英社インターナショナル、2020年2月29日、240頁。ISBN 978-4-7976-7376-0
  11. ^ a b c 内山 2020, p. 4.
  12. ^ 「古関裕而さん長男も参加 10日に「栄冠は君に輝く」歌う企画」『朝日新聞』、2020年8月5日、東京地方版 福島、20面。
  13. ^ 片山杜秀「ひもとく 古関裕而の世界 エールを渇望した激動期に輝く」『朝日新聞』、2020年8月1日、東京朝刊、13面。
  14. ^ 西正之「古関裕而ベスト盤、朝ドラ「エール」効果で好調」『朝日新聞』、2020年6月18日、東京夕刊社、2面。
  15. ^ 本井宏人「古関金子、もうひとつの「エール」豊橋市図書館主幹学芸員・岩瀬さん出版」『朝日新聞』、2020年10月20日、名古屋地方版 愛知、25面。

外部リンク[編集]