古賀辰四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古賀 辰四郎(こが たつしろう、1856年2月23日安政3年1月18日) - 1918年大正7年)8月15日)は日本の実業家尖閣諸島の開拓者。

略歴[編集]

石垣島_尖閣諸島開拓の碑
古賀辰四郎 尖閣列島開拓記念碑
古賀辰四郎 尖閣列島開拓記念碑
  • 1856年(安政3年) - 筑後国上妻郡山内村(現:福岡県八女市山内)に三男坊として生まれる。実家は、茶の栽培と販売を行う農家であった。
  • 1879年明治12年) - 24歳で那覇に渡り、寄留商人として茶と海産物業の古賀商店を開業。
  • 1884年明治17年]) 人を派遣して久場島を探檢させる(自撰「履歴」に據る)。
  • 1885年明治18年) 人を派遣して尖閣諸島で鳥毛を採取させ、外國人に送付して高價取引可能と知る(自撰「拜借願」などに據る)。
  • 1895年(明治28年) - 尖閣諸島八島のうち魚釣島久場島南小島北小島の四島を明治政府から30年間無料で借受け、家屋建設や船着場設置などの開拓事業に従事。
  • 1909年(明治42年) - 養殖興業の功績を認められ藍綬褒章を受章。
  • 1918年(大正7年) - 死去。

記念碑[編集]

沖縄県石垣市離島ターミナル港近くの八島緑地公園に、尖閣列島開拓に心血を注いだ「古賀辰四郎」氏の偉業を記念して「古賀辰四郎 尖閣列島開拓記念碑」が平成7年に建てられた。

碑文

古賀辰四郎は福岡県の人 廃藩置県明治12年来県。同年那覇で古賀商店を、明治15年石垣島大川村海岸近くに八重山支店を開設した。明治29年日本政府の許可を得て尖閣列島 魚釣島 南小島 北小島 久場島で海陸物産の開拓に心血を注ぎ、生産物資は外国にも輸出。国 県の経済 社会に大きく貢献 明治42年藍綬褒章を授与された。

子息善次は昭和7年 四島を国より払下げを受け その没後は妻花子がこれを管理した。戦後古賀家の遺産は遺言により埼玉県の実業家の栗原國起がこれを継承。財団法人古賀協会を創立 沖縄県のスポーツ振興面に貢献しつつある。絶海の無人島に私財を投じ父子二代の生涯をかけた開拓事業であった。

この度先覚者の偉業を記念するため支店旧地に近いこの地にこの碑を建立した.


平成7年12月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]