古積健三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古積 健三郎(こづみ けんざぶろう、1965年11月10日 - )は、日本法学者。専門は民法。特に物権法債権総論中央大学教授

略歴[編集]

  • 1988年 京都大学法学部卒業
  • 1990年 京都大学大学院法学研究科民刑事法専攻修士課程修了
  • 1993年 京都大学大学院法学研究科民刑事法専攻博士後期課程中退
  • 1993年 滋賀大学経済学部助手
  • 1994年 滋賀大学経済学部専任講師
  • 1996年 筑波大学社会科学系助教授
  • 2002年 中央大学法学部助教授
  • 2004年 中央大学法学部教授・中央大学大学院法務研究科教授

取得学位[編集]

主著[編集]

出典[編集]