古畑正秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古畑 正秋
(ふるはた まさあき)
生誕 1912年9月18日
日本の旗 日本 長野県諏訪郡落合村(現・富士見町
死没 (1988-11-23) 1988年11月23日(76歳没)
研究分野 天文学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学
主な業績 夜天光の研究
変光星の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

古畑 正秋(ふるはた まさあき、1912年9月18日 - 1988年11月23日)は、日本の天文学者

人物[編集]

長野県諏訪郡落合村(現・富士見町)出身。長野県諏訪中学校旧制松本高等学校理科甲類を経て、1938年東京帝国大学理学部卒業。

同年からハーバード大学天文台で助手を務め、プログラムによる測定や計算などに従事し、1941年に帰国後は、東京大学東京天文台の助手、1958年に教授、1968年に台長を歴任し、野辺山宇宙電波観測所や木曽観測所設置に尽力した。夜天光研究の権威として知られており、アマチュア天文家による変光星観測の指導も行った[1]。1973年退官。

古畑の門下生には北村正利田鍋浩義がいる[2]

発見した主な変光星[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『宇宙・星座』(毎日新聞社 毎日ライブラリー 1952年
  • 『天体観測入門・黄道光と對日照の観測』(恒星社厚生閣 1955年
  • 『初歩の天文ハンドブック』(山海堂 1959年
  • 『太陽系・黄道光と対日照』(恒星社厚生閣 新天文学講座2 新版 1963年
  • 『地球の物理・極光と夜光』(恒星社厚生閣 新天文学講座5 新版 1965年
  • 『電波天文学・電波による流星の観測』(恒星社厚生閣 新天文学講座10 新版 1965年)
  • 『天体の物理観測・転貸観測における光の増幅』(恒星社厚生閣 新天文学講座15 新版 1965年)
  • 『星座12ヶ月』(誠文堂新光社 1974年
  • 『星と宇宙』(東海大学出版会 新地学教育講座13 1977年
  • 『星座・星月夜』(作品社 日本の名随筆 1992年
  • 『星空の12ヶ月』
  • 『来し方の記』

共著[編集]

監修書[編集]

参考文献[編集]

  • 続 日本アマチュア天文史編纂会編 『続 日本アマチュア天文史』 恒星社厚生閣、1994年11月10日。ISBN 4-7699-0788-5 
  • 日本アマチュア天文史編纂会編 『日本アマチュア天文史』 (改訂版) 恒星社厚生閣、1995年6月25日。ISBN 4-7699-0803-2 
  • 荻上悦子 『春寂寥-旧制松本高等学校人物誌』 長野日報社、2008年9月。ISBN 978-4861250705 

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『続 日本アマチュア天文史』、232頁。
  2. ^ 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。
  3. ^ a b c 『改訂版 日本アマチュア天文史』、180頁。
  4. ^ a b 『続 日本アマチュア天文史』、240頁。