古沢滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古沢迂郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
古沢滋

古沢 滋(ふるさわ しげる / うろう、1847年12月18日弘化4年11月11日)- 1911年明治44年)12月24日)は、幕末土佐藩士明治期の官僚政治家自由民権運動家、県知事貴族院議員錦鶏間祗候。幼名・迂郎。

経歴[編集]

土佐藩士・古沢南洋の二男として生まれる。上洛し尊王攘夷運動に加わるが、帰郷時に投獄された。

明治維新後の明治2年1869年)、石巻県に出仕。明治3年2月1870年3月)、大蔵省に転じ十等出仕となる。同年7月イギリスへ留学のため派遣され政治経済学を学ぶ。1873年12月に帰国。1874年板垣退助の依頼で民撰議院設立建白書の起草に携わり、自由民権運動に加わる。

1875年8月、元老院権大書記官に就任。以後、二等法制官、法制局権大書記官、地方官会議御用掛などを務め、1880年4月に退官した。その後、『大阪日報』社長となり、1882年に『日本立憲政党新聞』主幹、さらに『自由新聞』主筆を務めた。

1886年2月、外務書記官となる。以後、外務省総務局報告課長、内務省参事官農商務書記官、同参事官、逓信省郵務局長、兼郵便為替貯金局長、兼東京郵便電信学校長、鉄道会議議員などを歴任。

1894年1月、奈良県知事に就任。県庁舎の新築を実現した。その他、帝国奈良博物館評議員、兼同博物館長を務めた。1896年12月、石川県知事へ転任。1898年7月、同県知事を退任。1899年1月、山口県知事となる。産業振興のため、道路改修と教育の充実を推進した。1902年2月に山口県知事を休職となる。

1904年8月22日、貴族院勅選議員に任じられ[1]、死去するまで在任。1904年9月17日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]。その他、教科用図書調査委員会委員、維新史料編纂会委員などを務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

著作[編集]

著書
  • 『近時宇内大勢一斑 第1-3編』宕西書院、1906年。
  • 『介堂存稿』山下巍八郎、1933年。
訳書
  • ヘンリー・ジョフラ『経済要説』大蔵省、1877年。

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6345号、明治37年8月23日。
  2. ^ 『官報』第6368号、明治37年9月19日。
  3. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」1890年12月11日。
  4. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  5. ^ 『官報』第6548号「叙任及辞令」1905年5月2日。
  6. ^ a b 『官報』第8556号「叙任及辞令」1911年12月26日。
  7. ^ 『官報』第3000号「叙任及辞令」1893年6月30日。
  8. ^ 人事興信所編『人事興信録』第10版 下、1934年、タ16頁。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 内閣「従三位勲三等古沢滋」明治44年。アジア歴史資料センター レファレンスコード: A10112720000

外部リンク[編集]