古市雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 レスリング・フリースタイル
世界ジュニア
2014 ザグレブ 67kg級
2015 サルバドル 67kg級
2016 マコン 72kg級
世界カデット選手権
2011 ソンバトヘイ 65kg級
2012 バクー 65kg級
2013 ズレニャニン 65kg級

古市 雅子(ふるいち まさこ、1996年10月20日 - )は、熊本県菊池市出身の女子レスリング選手である。階級は67kg級。身長165cm[1][2][3]。現在は日本大学に在学。

来歴[編集]

5歳の時に柔道を始めた。小学校5年生の時に身体能力の高さを見込まれてレスリングに転向した[2]。小学校6年の時には日本オリンピック委員会が有望選手を集めてエリート教育を施す全寮制のJOCエリートアカデミーに一期生として入学するため熊本から上京して、ナショナルトレーニングセンターにおいて練習を積むことになった[4][5]。他方、王子ジュニアレスリングクラブに所属して全国少年少女レスリング選手権大会45kg超級で2位となった。稲付中学校では2年から全国中学生選手権64kg級と全国中学選抜選手権70kg級で2連覇を果たした。3年の時にはジュニアクイーンズカップジュニアオリンピックカデットの部65kg級で優勝すると、世界カデット選手権でも優勝を飾った。2012年に安部学院高校に進学すると、世界カデット選手権で2連覇を果たした[2]全日本レスリング選手権大会では、準決勝で至学館高校3年の土性沙羅に敗れて3位だった。2年の時には全日本選抜で3位だったものの、世界カデット選手権では史上初となる3連覇を達成した。3年になると、世界ジュニア67kg級でも優勝を飾った[6]。2015年には日本大学へ進学すると、世界ジュニアで2連覇を達成した[7]。2016年の世界ジュニアでは72kg級に出場して全試合をテクニカルフォール勝ちで優勝を飾り、世界ジュニア3連覇を成し遂げた。世界カデットの3連覇も含めれば6年連続で世界一となった[8]ゴールデングランプリ69kg級でも優勝を飾った[1]。全日本レスリング選手権大会では75kg級に出場するも、決勝で鈴木博恵に敗れて2位だった[1]

主な戦績[編集]

65kg級での戦績

  • 2010年 - 全日本女子オープン選手権 中学生の部 優勝
  • 2010年 - 全国中学選抜選手権 優勝(70kg級)
  • 2011年 - クリッパン女子国際大会 カデットの部 優勝
  • 2011年 - ジュニアクイーンズカップ カデットの部 優勝
  • 2011年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝
  • 2011年 - 全国中学生選手権 優勝(64kg級)
  • 2011年 - 世界カデット選手権 優勝
  • 2011年 - 全日本女子オープン選手権 中学生の部 優勝
  • 2011年 - 全国中学選抜選手権 優勝(70kg級)
  • 2012年 - クリッパン女子国際大会 カデットの部 優勝
  • 2012年 - ジュニアクイーンズカップ カデットの部 優勝
  • 2012年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝
  • 2012年 - 世界カデット選手権 優勝
  • 2012年 - 全日本女子オープン選手権 カデットの部 優勝
  • 2012年 - 全日本レスリング選手権大会 3位(67kg級)
  • 2013年 - クリッパン女子国際大会 カデットの部 優勝
  • 2013年 - ジュニアクイーンズカップ カデットの部 優勝
  • 2013年 - ジュニアオリンピック カデットの部 2位(67kg級)
  • 2013年 - 全日本選抜 3位(67kg級)
  • 2013年 - インターハイ公開競技 優勝(70kg級)
  • 2013年 - 世界カデット選手権 優勝
  • 2013年 - 全日本女子オープン選手権 高校生の部 優勝(70kg級)
  • 2014年 - クリッパン国際大会 シニアの部 3位(69kg級)

67kg級での戦績

75kg級での戦績

72kg級での戦績

  • 2017年 - 全日本レスリング選手権大会 2位
  • 2018年 - ヤリギン国際大会 2位
  • 2018年 - アジア選手権 3位
  • 2018年 - ワールドカップ 優勝

(出典[1][9])。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 古市雅子 - International Wrestling Database (英語)