古市胤栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古市 胤栄(ふるいち たねひで/いんえい、永享11年(1439年) - 永正2年11月13日1505年12月18日))は、室町時代から戦国時代武将大和興福寺衆徒。父は古市胤仙。弟に澄胤。娘に胤子。幼名は春童丸、通称は丹後公、諱は藤勝で、胤栄は法名

生涯[編集]

享徳2年(1453年)に父が没したため、後を継いだ。寛正6年(1465年)8月に出家して胤栄と改名、翌文正元年(1466年)5月に斯波義廉と主従関係を結んだ。大和は畠山氏お家騒動で2分され、国人畠山義就畠山政長それぞれを支持して争っており、胤栄は越智家栄と共に義就を支持して応仁の乱が起こった応仁元年(1467年)6月に上洛、政長派の筒井順永箸尾為国十市遠清らと戦った。また、一族・家臣に対する統制を強化して、文正元年(1466年)には反抗する一族の山村氏を追放し、文明2年(1470年)には騒乱を起こした被官2名を処刑、一族を含めた30名を追放した。処分された者の中には山村氏のように古市氏と同じ興福寺の衆徒も含まれていたが、主君である興福寺が異議を挟むこともできなかった。領地は6万石であった。文明7年(1475年)5月の春日社頭の戦いで敗れて負傷したため、同年に澄胤に家督を譲った。これは、胤栄の強引な家中統制に対する批判を避ける意味もあったとされる。隠居後、胤栄は宗家を継いだ澄胤に遠慮して「古市西」を号したものの、実際には家中に大きな影響力を有していた。永正2年(1505年)に67歳で死去。

風流人であり、淋汗茶湯と呼ばれる風呂と茶を愉しむ寄り合いを行ったことで知られ、澄胤と共に茶の湯の祖村田珠光の弟子になっている。古市氏の後裔が江戸時代、小笠原総領家(小倉藩主)の茶道頭をつとめたため、小笠原家茶道古流の祖として名があげられる。風流踊も好み、9歳の時には囃子手を務めている。文明元年に風呂釜が壊れた際には修繕費用捻出のため、当時奈良において禁止されていた風流踊が踊れる小屋をつくり、入場料として6文をとった。この小屋は大盛況となり、3千人もの人々が集まった。安田次郎は「日本初の有料ダンスホール」であると評している[1]

系譜[編集]

天武天皇-舎人親王-御原王-小倉王-清原夏野-海雄-房則-業恒-広澄・・・・・古市胤晃-胤條-胤尋-胤尊-重胤-隆胤-藤勝-澄胤-胤慶-胤栄-胤勝-胤家-胤重-胤宗・・・・・

脚注[編集]

  1. ^ 呉座勇一『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』中公新書、平成28年(2016年)。ISBN 978-4-12-102401-5

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]