古市佳央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるいち よしお
古市佳央
本名 古市佳央
生年月日 (1971-09-19) 1971年9月19日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
民族 日本人
血液型 O型
職業 講演家、平和運動家
配偶者 未婚

古市 佳央(ふるいち よしお、1971年9月19日 - )は、講演家、平和運動家である。血液型はO型。オープンハートの会会長、倖道しあわせどう道主。

経歴[編集]

東京都生まれ、埼玉県在住。 1988年4月2日、高校一年生の時に全身の41%に大火傷を負うバイク事故を起こした。入院期間は3年に渡り、33回もの手術を受けた。 23歳で社会復帰。 事故をしてから講演をする機会があり、その後全国で講演活動を行う。

活動を通して、過去に虐待を受けた経験があったり、職場の人間関係に悩んでいたり 人は見た目では、悩みがあるか無いかは判断できない事に気付き、 その悩みを吐き出せる場所を作るという目的で2002年オープンハートの会を発足。

2013年6月、大谷由里子主催の全国講師オーディショングランプリを獲得して 日本一の講演家となる。

世界一幸せな男として日本全国で講演活動する傍ら、世界中に幸せな人を生み出していく活動として2015年10月倖道(しあわせどう)を発足。


活動[編集]

・2002年- NPOオープンハートの会(会長)
・2011年4月- 東日本大震災復興支援活動

著書[編集]

  • 這い上がり ワニブックス[1]
  • 君の力になりたい 北水社[2]


共編書[編集]

  • 人生の富の法則 ロバート・G・アレン 《誰のために、何のために(古市佳央)》 ミラクルマインド出版[3] 

影響を与えた人物[編集]

かづきれいこ  2000年に、リハビリメイクの第一人者のかづきれいこさんとの出会いから講演活動をはじめる。

メディア出演[編集]

  • テレビ寺子屋 第1897回「生きる意味とは」[5]
  • 日刊スゴい人「生きることが幸せ」[6]

・トゥナイト2 テレビ朝日
・日本のお母ちゃん奇跡の生還者 日本テレビ

脚注[編集]

  1. ^ 古市佳央 『這い上がり』 ワニブックスISBN 9784939000539
  2. ^ 古市佳央 『君の力になりたい』 北水社ISBN 9784847013959
  3. ^ ロバート・G・アレン 『人生の富の法則』 ミラクルマインド出版ISBN 9784861136108
  4. ^ 2014年7月26日放送 古市佳央さん(第1897回)”. テレビ静岡. 2015年10月31日閲覧。
  5. ^ テレビ寺子屋”. テレビ静岡. 2015年10月31日閲覧。
  6. ^ 生きることが幸せ”. 日刊スゴい人. 2015年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]