古川町橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古川町橋
Gyouzyabashi.JPG
基本情報
日本の旗 日本
所在地 京都府京都市東山区
交差物件 白川
建設 1907年
座標 北緯35度0分26.2秒 東経135度46分41.3秒 / 北緯35.007278度 東経135.778139度 / 35.007278; 135.778139
構造諸元
材料 御影石
全長 11.7m
60cm
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

古川町橋(ふるかわまちばし)は、京都府京都市東山区にある白川に架かる橋であり、日本百名橋の番外に選ばれている。行者橋、一本橋、阿闍梨橋とも呼ばれる。

概要[編集]

今日ある橋は、1907年(明治40年)に架け替えられ(京都市橋梁台帳)、京都市の市道となっている。橋の北東には古川町商店街、南東には知恩院がある。白装束をまとった比叡山の行者が、千日回峰行の「京都大廻り」の時、この橋を渡ることで知られる。他にも、祇園祭の時は稚児が、粟田神社の祭りの時は氏子が渡る。

歴史[編集]

最初の架設年は不明である。橋本経亮の橘窓自語(1786年)に、一本橋としてあるのが文献上の初出である。

参考文献[編集]

  • 松村博『日本百名橋』鹿島出版会
  • 読売新聞京都市局『・名橋100選・京をわたる』淡交社

関連項目[編集]