古屋安雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古屋 安雄
生誕 (1926-09-13) 1926年9月13日
中華民国の旗 中華民国(北京政府)上海
死没 (2018-04-16) 2018年4月16日(91歳没)
職業 神学者

古屋 安雄(ふるや やすお、1926年9月13日 -2018年4月16日[1])は、日本の神学者牧師プリンストン神学校東京神学大学東京大学自由学園最高学部、講師。アテネオ・デ・マニラ大学英語版客員教授。東京女子大学宗教顧問。国際基督教大学教会牧師、チャプレンを務めた。国際基督教大学名誉教授、元聖学院大学大学院アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科科長、教授。

経歴[編集]

アメリカの神学校を出て日本組合基督教会の牧師となった社会的福音リベラルの父・孫次郎と、南長老ミッション神戸神学校出身の母の息子として、1926年(大正15年)9月13日上海に生まれる。上海の頃からの友人に、後に国際政治学者となる坂本義和がいる[2]1945年(昭和20年)旧制高校2年時に19歳の時徴兵検査を受け、二等兵で数カ月間軍隊生活をする。

戦後1946年(昭和21年)自由学園男子部卒業、1951年(昭和26年)に日本神学専門学校(現東京神学大学)を卒業する。その後、ドイツに渡りテュービンゲン大学に留学。さらに、米国に渡りサンフランシスコ神学大学英語版を卒業し、プリンストン神学校神学博士を取得する。

帰国後、1959年(昭和34年)に国際基督教大学教会牧師と宗務部長に就任し、教授になる。1999年(平成11年)定年退職し、名誉教授になる。また、聖学院大学教授と科長に就任する。2010年(平成22年)に聖学院大学教授を退任する。

1998年より東京女子大学の宗教顧問になる。また賀川豊彦学会会長をも務める。

2007年に、それまでのキリスト教界に対する功績が認められて第38回キリスト教功労者を受賞した。

エキュメニカル派(リベラル派)に属しているが、保守的なクリスチャンだった母の影響もあり、批判的に分析しつつも福音派に一定の評価を与え、福音派とも交わりがある。

神学[編集]

日本のキリスト教会の特徴に、知識階級、中流階級の没落士族に福音が浸透したことがある。ここにリベラル神学を受け入れる下地があったとする。朝鮮・韓国のキリスト教史日本のキリスト教史を比較して、民衆に浸透した韓国に対し、中流層、知識層が中心であった日本のキリスト教会の問題意識について尾形守論文『日韓教会成長比較-文化とキリスト教史』に同意し、序文も書いている。

戦時下の日本基督教団国民儀礼や教団成立について日本の教会は、母教会であるアメリカの教会に対する「甘えの構造」があったと指摘する。また戦後はアメリカの教会が日本基督教団をエキュメニカル運動のモデルとしようとする思惑があったとする。

エキュメニカル派と福音派のプロテスタントの共通のルーツとして、1846年福音同盟大会をあげる。またキリスト教会が再生するには、リベラル派が謙虚に福音派に学び、キリスト教信仰の確実性を回復するか、原理主義を克服した福音派が信仰を保持しつつ社会的な関心を継承するしかないとしており、後者の方の可能性が高いと考えている。

『なぜ日本にキリスト教は広まらないのか』に引用された松永希久の論文の数字から、日本のキリスト教会の信仰平均寿命は2.8年と教界で言われることがあったが、これは日本のキリスト教会全体の平均ではなく、1877年に設立された新宿区の日本基督教団の一教会のデータである[3]

著書[編集]

  • 『キリスト教国アメリカ その現実と問題』新教出版社 1967年
  • 『キリスト教の現代的展開 古屋安雄論文集』新教出版社 今日のキリスト教双書 1969年
  • 『プロテスタント病と現代 混迷からの脱出をめざして』ヨルダン社 1973年
  • 『激動するアメリカ教会 リベラルか福音派か』ヨルダン社 1978年
  • 『現代キリスト教と将来』新地書房 1984年
  • 『宗教の神学 その形成と課題』ヨルダン社 1985年
  • 『大学の神学 明日の大学をめざして』ヨルダン社 1993年
  • 『日本伝道論』教文館 1995年
  • 『日本の将来とキリスト教』聖学院大学出版会 2001年
  • 『日本のキリスト教』教文館 2003年
  • 『キリスト教国アメリカ再訪』新教出版社 2005年
  • 『キリスト教と日本人 「異質なもの」との出会い』教文館 2005年
  • 『神の国とキリスト教』教文館 2007年
  • 『なぜ日本にキリスト教は広まらないのか 近代日本とキリスト教』教文館 2009年
  • 『宣教師 招かれざる客か?』教文館 2011年
  • 『日本のキリスト教は本物か? 日本キリスト教史の諸問題』教文館 2011年

共著[編集]

  • 『現代のアレオパゴス-鼎談 森有正とキリスト教』森有正加藤常昭 日本基督教団出版局 1973年
  • 『日本の神学』大木英夫共著 ヨルダン社 1989年
  • 『聖書を読むたのしみ』斎藤和明編著 並木浩一共著 光村教育図書 ICU選書 1999年

翻訳[編集]

  • ゴッドシー編『バルトとの対話』新教出版社 1965年
  • ラインホールド・ニーバー『教会と社会の間で 牧会ノート』新版 新教出版社 1971年
  • J.マッコーリー『現代倫理の争点 状況倫理を超えて』ヨルダン社 1973年
  • 『キリスト教と社会主義 ティリッヒ著作集』栗林輝夫共訳 白水社 1978年
  • 『プロテスタント時代の終焉 ティリッヒ著作集』白水社 1978年
  • P.レーマン『キリスト教信仰と倫理』船本弘毅共訳 ヨルダン社 1992年
  • ヤン・ミリチ・ロッホマン『講解・使徒信条 キリスト教教理概説』小林真知子共訳 ヨルダン社 1996年
  • アリスター・E.マクグラス編『キリスト教神学資料集』監訳 キリスト新聞社 2007年

記念論集[編集]

  • 『知と信と大学 古屋安雄・古稀記念論文集』ヨルダン社 1996年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 訃報・古屋安雄さん:毎日新聞
  2. ^ 坂本義和『人間と国家——ある政治学徒の回想(上)』岩波書店〈岩波新書〉、2011年、31頁。ISBN 9784004313168
  3. ^ 『リバイバル・ジャパン』2009年11月1日号