古天明平蜘蛛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古天明平蜘蛛(こてんみょうひらぐも)は、戦国時代武将松永久秀が所有していた茶釜

概要[編集]

蜘蛛が這いつくばっているような形をしていたことから、「平蜘蛛釜」の名が付けられた。

平蜘蛛を割る松永久秀。月岡芳年
平蜘蛛を割る松永久秀。落合芳幾

松永久秀は織田信長へ臣従した際に名物・九十九髪茄子を進呈したが、それ以降、信長から幾度も所望された平蜘蛛に関しては断っている。後に久秀は信長に侵攻され信貴山城にて自害するが(信貴山城の戦い)、『山上宗二記』によれば、この際に平蜘蛛は失われたという[1]太田牛一の『大かうさまくんきのうち』では、久秀自身の手で平蜘蛛を打ち砕いたとされる[2]

『松屋名物集』には多羅尾光信が落城した信貴山城から「平蛛ノ釜ツキ集メ持ナリ」と破片を集めて復元した記述があり[1]津田宗及の『天王寺屋津田宗及茶湯日記他会記』によれば天正8年(1580年)閏3月13日に若江三人衆の一人である多羅尾綱知が「平くも釜」を使用したという記載がある[1]

江戸時代初期に成立した軍記物『川角太閤記[2]や『老人雑話[1]では、久秀の首と平蜘蛛が鉄砲の火薬で爆砕されたとし、享保年間の『茶窓閒話』でも踏襲された[1]。『川角太閤記』では「平蜘蛛の釜と自分の首は信長に見せるな」と命令したとされる[3]

2018年まで静岡県浜松市西区舘山寺町に存在していた浜名湖舘山寺美術博物館は「平蜘蛛釜」と伝わる茶釜を所蔵していた。その由来によれば、信貴山城跡を掘り起こした際にこの茶釜が出土しており、信長の手に渡り愛されたものだという。

また、松永久秀と親交のあった柳生家の家譜『玉栄拾遺』には、久秀が砕いた平蜘蛛は偽物で、本物は友である柳生松吟庵に譲ったという記述がある。[4]

フィクション作品における平蜘蛛[編集]

江戸期の浮世絵では、久秀が平蜘蛛釜を打ち壊し、切腹するさまが描かれることが多かった[1]第二次世界大戦以降には、松永久秀が自らの爆死のために爆薬を仕込み、ともに爆散するという描写が行われた[5]中山義秀1963年から1964年にかけての小説『咲庵』において松永久秀が平蜘蛛とともに爆死するさまを描き、『信長公記』を典拠としているが[6]、実際の『信長公記』には平蜘蛛に関する記述は存在しない。


備考[編集]

  • 茶釜の発生は大別すると、芦屋釜(九州)と天明釜(東国)の2つの流れからなり、名称の「古天明」に従うなら、下野国天明(現佐野市)産の茶釜である。
  • 「古天明」とは、正長年間(1428年 - 29年)から天文年間(1532年 - 55年)の時期を指し、以降のものを「後天明」と称する。

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f 天野忠幸 2018, p. Kindle版、位置No.全4162中 3554 / 85%.
  2. ^ a b 渡邊大門 & 2021-1-16.
  3. ^ 史籍集覧. 19 川角太閤記』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ 『玉栄拾遺』に「同(天正五年)十月十日久秀秘蔵スル所平蛛ト云茶ノ湯釜ヲ打壊、糠ニ詰箱ニ入テ(攻め手の大将の)信忠ニ贈、其後野々宮囃子ヲナシ、火宅ノ門ヲ出ルト云時、城ニ火ヲ懸自滅ス。(息子の)久通ハ行方不知ト云云。臣按、平蜘ノ釜ハ久秀秘蔵スル所、信長所望アリ。久秀不献、此事ヨリ君臣不合タリ。且柳生松吟庵ハ久秀平日断金ノ友タリ。故ニ実ノ平蜘ハ此時竊(ひそか)ニ松吟庵エ贈。打壊所ハ贋物也ト云。松吟庵代々伝テ重器トス」とあり。
  5. ^ 天野忠幸 2018, p. Kindle版、位置No.全4162中 3554-3565 / 85-86%.
  6. ^ 勝倉壽一「中山義秀「咲庵」論--光秀反逆への「道」」『福島大学教育学部論集. 人文科学部門』、福島大学教育学部、2004年、 ISSN 05328152

関連項目[編集]

参考文献[編集]