古代社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古代社会
Ancient Society
著者 ルイス・ヘンリー・モーガン
発行日 1877年
アメリカ合衆国
言語 英語
形態 文章芸術
コード 978-0-674-86566-2
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

古代社会』 (こだいしゃかい、英語Ancient Society)は、1877年よりアメリカ合衆国の人類学者ルイス・H・モーガンにより書かれた本。 彼は親族構造や社会組織のデータに基づき論理を構築した。『古代社会』に先立ち、1871年の論文 「親等以内の親族との親和性を人類家族の構造」において、モーガンは人類発展の三段階の歴史を描いた。すなわち、 Savagery 段階から、 Barbarism 段階へ、そして 文明段階へというものである(進化主義)。カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスに代表されるような近代ヨーロッパの社会理論家はモーガン的な社会構造論と唯物論的文化に影響を受けている。代表的な著作としてエンゲルスの家族・私有財産および国家の起源 (1884)が挙げられる。

進歩の概念[編集]

モーガンの思想の根幹にあるのは、「進歩」である[1]。彼はそれを、男性が「最下層」からその地位を「苦労して獲得」してきた「地位」に従って形成された社会「状態」の「経路」と考えた。進歩は「歴史的に人間の家族全体に当てはまる」が、そのあり方は一様ではない。家族の異なる分岐は、異なる状態への「人類の進歩」を証明している。彼は、特殊な理由により均一性からの逸脱を伴うものがあるとしても、「地位」が普遍的に適用されるもの、実質的に同種のものと考えていた。モーガンはそれにより、「人間発達の主要な段階」を見分けることを望んでいた[2]

日本語への翻訳[編集]

最初の全訳としては、1924年に高畠素之村尾昇一共訳として而立社から上下2巻本で出版された『古代社会』が挙げられる。その後1930年に、共生閣から山本琴・佐々木巌訳として出ている『古代社会』があるが、これは山本三吾の訳によるものである[3]。31年には荒畑寒村訳『古代社会』が改造社から出ている。

脚注[編集]

  1. ^ This article places words and phrases quoted from Morgan in Italics, rather than quotes, for the reader's visual convenience.
  2. ^ Chapter 1, initial
  3. ^ 緒方和子「山本琴子と『古代社会』の邦訳」『女性史研究』22集、1987年12月

外部リンク[編集]