古今亭今輔 (5代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
5代目 古今亭 今輔ここんてい いますけ
5代目 古今亭 今輔
1949年
本名 鈴木 五郎
別名 「お婆さんの今輔」
生年月日 1898年6月12日
没年月日 (1976-12-10) 1976年12月10日(満78歳没)
出身地 日本の旗 日本群馬県佐波郡境町(現:伊勢崎市
師匠 初代三遊亭圓右
初代三遊亭右女助(後の4代目古今亭今輔
3代目柳家小さん
2代目桂小文治
名跡 1. 初代三遊亭右京(1914年 - 1917年)
2. 三遊亭桃助(1917年 - 1919年)
3. 4代目柳家小山三(1919年 - 1925年)
4. 柳家小さん三(1925年 - 1926年)
5. 柳家小山三(1926年 - 1931年)
6. 3代目桂米丸(1931年 - 1941年)
7. 5代目古今亭今輔(1941年 - 1976年)
出囃子 野毛山
活動期間 1914年 - 1976年
活動内容 新作落語
家族 鏡味健二郎(息子)
所属 落語革新派(1925年 - 1926年)
日本演芸協会(1926年 - 1933年)
日本芸術協会(1933年 - 1976年)
受賞歴
日本放送作家協会大衆芸能賞(1964年)
第24回NHK放送文化賞(1973年)
勲四等瑞宝章(1973年)
備考
日本芸術協会副会長(1967年 - 1974年)
日本芸術協会2代目会長(1974年 - 1976年)

5代目古今亭 今輔(ここんてい いますけ、1898年明治31年)6月12日 - 1976年昭和51年)12月10日)は、群馬県佐波郡境町(現:伊勢崎市)出身の落語家。本名は、鈴木 五郎(すずき ごろう)(旧姓:斎藤)。生前は日本芸術協会(現:落語芸術協会)所属。出囃子は『野毛山』。俗にいう「お婆さん落語」で売り出し、「お婆さんの今輔」と呼ばれた。実子は曲芸師の鏡味健二郎

略歴[編集]

得意ネタ[編集]

『お婆さん三代記』、『青空お婆さん』、『ラーメン屋』、『葛湯』といった新作がほとんどであるが、古典怪談噺は本格派で、『江島家怪談』、『もう半分』、『藁人形』、『死神』などを得意とした他、『ねぎまの殿様』、『囃子長屋』などの珍品や芝居噺の『もうせん芝居』、三遊亭圓朝作の長編人情話『塩原多助一代記』など。

小山三時代までは素噺の達人と評されたが、上州訛りに苦労した末に新作派に転向した。

米丸時代からSPレコードを吹き込み、戦後も多くの録音が残している。

エピソード[編集]

  • 数度に渡り師匠を変えたのは持って生まれた正義感であり、その硬骨ぶりが身上。正に不世出の闘志の男であった。『もう一度学びたい落語のすべて』(大友浩監修、西東社刊)では圓右一門、右女助一門を去ったことを「破門」と解説している。
  • かつて共に一朝に教えを受けた元弟弟子林家彦六とは喧嘩友達であった(しかし、影では互いの健康に気遣っていたという)。
  • 古典落語も、できたときは新作落語です」というのが口癖で、新作落語の創作と普及に努めた。弟子たちに稽古をつける際も、最初の口慣らしに初心者向きの『バスガール』などのネタからつけていた。だが、もともとは古典落語から落語家人生をスタートしていることもあって、高座では古典もよく演じており、一朝や前師匠小さんに仕込まれただけあって高いレベルの出来であった。特に『塩原太助』は、自身が上州生まれだったこともあり人一倍愛着が強く、晩年は全編を通しで演じていた。
  • 新作を手がけるようになったのは柳家金語楼のアドバイスがきっかけだった。このこともあって今輔は金語楼を生涯の師と仰いでいたという。周囲からは「金語楼の真似だ」と言われることもあったが、今輔はむしろそれを誇りにしていた。また『ラーメン屋』・『バスガール』は柳家金語楼(有崎勉)の作。
  • 芝居噺も得意としたが、ある日、客席から「ドサだ!」とヤジが飛んだ。自身の上州訛りが馬鹿にされ衝撃を受けた今輔は、金輪際芝居噺を封印しようとしたが、劇作家の長谷川伸の協力で長谷川作の芝居噺を演じた。今輔は終生、長谷川の好意を徳としていた。長谷川の葬儀では「先生!」と号泣する今輔の姿は人々の感動を誘ったという。
  • 自身の直弟子は皆「さん」付けで呼び、また直弟子や後輩の噺家に対しても敬語で話しかけていた。これは、今輔が自身の子供を連れて街を歩いている時、ある先輩の噺家に「今輔」と呼び捨てで呼ばれたのを聞いていた子供が「父さんを呼び捨てにして偉そうに…、そんなにあの人偉いの?」と聞かれて困ったことがきっかけだったという。
  • 1962年5月に起きた三河島事故の際、「事故で亡くなった」と誤報されたことがある。これは実際に事故で亡くなった漫才師のクリトモ一休(春日三球・照代の三球の元相方)が今輔の弟子の今之輔(後の三遊亭右女助)の定期券で事故を起こした列車に乗車しており、定期券が現場から発見された際に一部マスコミが「今之輔」を「今輔」と誤って伝えたためである。この件との関連は定かではないが、前年の1961年、当時破門状態であった直弟子の古今亭今児(現在の桂歌丸)が米丸門下に入ることになったが、この理由として「今輔の死去に伴い、兄弟子米丸の門下に預かり弟子として入った」と表現されることがある。
  • 自身の経験を踏まえて、「大きな名跡の襲名は40代までにやるべきだ」というのが持論だった。このため、今輔の総領弟子で自身の前名を与えた4代目桂米丸が49歳の時に「6代目今輔」の襲名話をもちかけた。だが、米丸は「生前贈与はありえないだろう」「自分には大きすぎる」と考えて断っている。
  • 1974年昭和49年)に落語芸術協会の2代目会長に就任し、真打の給金制度の改革、二つ目昇進15年で自動的に真打昇進する制度の制定に尽力した。だが、75歳という高齢での会長就任ということもあって会長就任後の今輔は心身を激しく消耗させたようで、総領弟子の米丸は当時の今輔の様子を「高座から下りている時は憔悴しきっているように見えた」と振り返っている。結局、会長就任から3年足らずで今輔は亡くなることになる。
  • 自己管理や生活指導に対しては厳しく、「12時を過ぎると飲んじゃいけません。12時を過ぎるともう次の日だ。二日間飲むことになるから12時を過ぎたらだめです」と後輩に忠告していた。

一門弟子[編集]

兄弟弟子・孫弟子に関しては小文治一門

関連記事[編集]