古キエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウクライナ国立歴史博物館が立つ古キエフ山

古キエフウクライナ語Старий Київ、スタリーイ・キーイウ)は、ウクライナの首都キエフにある歴史的地名。古キエフ山とその周辺に位置している。山の手(Гора)、上町(Верхнє місто)、古町(Старе місто)とも呼ばれる。9世紀から13世紀にかけてキエフ大公をはじめ、ルーシ貴族聖職者軍人が暮らしていた場所。下町であるポジールと対比される。

概要[編集]

古キエフの集落は5世紀末に形成されたと考えられる。6世紀から9世紀にかけてこの集落要塞都市として発展した。研究史では当時の古キエフを「キーイの町」と呼んでいる。「キーイの町」は古キエフ山の西部に置かれ、約2ヘクタールの面積を占めていた。キエフの城壁内では大公の宮殿と貴族の屋敷が置かれた。

9世紀末から10世紀にかけてキエフの面積は12ヘクタールまで拡大した。城壁外でも貴族や軍人などの住宅が建設されるようになった。こうした中、キエフ大公であるヴォロディーミル聖公980年1015年)は、拡大した都市の周りに土と木でできた新たな城壁を築き、「ヴォロディーミルの町」と呼ばれる都市を形成させた。当時のキエフでは石造りの什一聖堂バーバの市が建設され、西方にあったソフィアの門を正門としていた。市内では北欧のヴァイキングの屋敷もあり、10世紀末からキエフ府主教の座も存在していた。

11世紀前半にキエフはヴォロディーミルの子息ヤロスラーウ賢公1019年1054年)によってさらに改善され、中世ヨーロッパにおける最大の都市の一つになった。古キエフの面積は約80ヘクタールに及び、黄金の門を正門とする新たな城壁によって防衛された。1037年にヤロスラーウ賢公はキエフ府主教の座となった聖ソフィア大聖堂をはじめ、フレホーリイ聖堂イリーナ聖堂などの教会を建立し、キエフは東欧におけるキリスト教の中心地となった。研究史では当時の古キエフを「ヤロスラーウの町」とよんでいる。

12世紀にヤロスラーウ賢公の子息イジャスラーウ (1054年1068年1069年1073年)は古キエフの東北部に「イジャスラーウの町」を建設し、その中で聖ミハイール黄金ドーム大聖堂を建立した。

1240年にキエフはモンゴル帝国の攻撃を受け、著しい被害を蒙った。古キエフはほとんど破壊されて荒地となり、キエフの中心地は山の手から麓にあった下町のポージルへ移った。

画像[編集]

リンク[編集]

座標: 北緯50度27分30秒 東経30度30分58秒 / 北緯50.45833度 東経30.51611度 / 50.45833; 30.51611