口蓋垂筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
口蓋垂筋
Gray169.png
Left palatine bone. Posterior aspect. Enlarged.
Musculusuvulae.png
英語 Musculus uvulae
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

口蓋垂筋(こうがいすいきん)は頭頸部筋肉の一つ。口蓋筋の一つ。

起始と停止[編集]

口蓋骨後鼻棘及び口蓋腱膜[1]より起こる。

下に降りていき、口蓋帆挙筋の鼻腔側を通り[1]口蓋垂に付着し、移動と成形を行う。

神経支配[編集]

咽頭神経叢からの迷走神経咽頭枝により支配される。

追加画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 北村清一郎角田佳折市川哲雄 著「第1章 口腔顎顔面領域と前頸部の局所解剖学 7 口峡とその周辺-発音・嚥下機能を理解する上で知っておくべきこと」、北村清一郎 編 『臨床家のための口腔顎顔面解剖アトラス』(第1版第3刷)医歯薬出版東京都文京区、2010年10月20日、50-57頁。ISBN 978-4-263-44296-8 

外部リンク[編集]

この記事にはパブリックドメインであるグレイの解剖学第20版(1918年)本文が含まれています。