口笛太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
口笛 太郎
生誕 (1966-09-20) 1966年9月20日(52歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市
学歴 関西大学商学部卒業
ジャンル ジャズ・フュージョン
職業 口笛演奏家
担当楽器 口笛
活動期間 1998年 -
公式サイト 口笛太郎Duo 公式サイト

口笛 太郎(くちぶえ たろう、1966年9月20日 - )は、日本口笛演奏家。日本口笛奏者連盟理事。音楽プロデューサー

大阪府高槻市出身。関西大学第一高等学校関西大学商学部卒業。

人物・来歴[編集]

大学時代は軽音楽部に所属。部長を務める。

関口知宏の中国鉄道大紀行』や『子連れ狼』の音楽で口笛する傍ら、ギターのビックマクニー大里とのコンビ"口笛太郎Duo"でレコーディングやライヴ活動も行っている。ただし、平日は都内の企業に勤務しており、活動は概ね平日の夜と土日に限られている。

ジャズフュージョンに造詣が深く、演奏の中でも積極的にインプロヴィゼーションを取り入れているほか、音楽情報サイト「Warner Music Life」にて2009年より、「口笛太郎のFusion万歳」というコーナーを持ちフュージョンの名盤を解説・紹介している。 同サイトでは、その月に誕生日を迎えるレジェンド・アーティストを紹介するコーナーや、数々のアーティストのライブ・レポートなども執筆するなど、ジャズ・フュージョンに限らず、洋楽全般に明るい。

また、同じ口笛奏者である分山貴美子のメジャー・デビュー・アルバム「口笛天国」のライナーノートも書いている。

居酒屋「和民」好きであり、週に2 - 3回通うほどである。

口笛太郎Duoとしては、2007年11月アルバム『風とギターケース』を発表。YAHOO JAPAN!でTOPトピックスのニュースとして紹介される。

また同アルバム収録の「やさしさに包まれたなら」が長きに渡り、関西テレビの番組『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』の「となりの人間国宝さん」コーナーのBGMとして使用されている。

2007年11月、着うた最大手サイト「レコチョク」のジャズ・クラシック部門のカテゴリー「a tempo」で着うたダウンロード数が月間1位を記録。他にも、携帯サイト「アーティスト公式サウンド」「music.jp」「dwango」へ、それぞれオリジナルの着うたをプロデュースし提供。「着口笛(ちゃくちぶえ)」と呼ばれ、テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」で取り上げられるなど、話題となる。

口笛をキレイに鳴らす秘訣は、「演奏の前にカレーパンを食べ、ネクターピーチを飲むこと」と言っている。

2007年12月、秋元康氏の大ヒット絵本「象の背中」の封入CDをプロデュース。

2010年3月、スタジオ・ジブリの映画主題歌のカヴァー集となったセカンド・アルバム「ジブリとギターと口笛と。」をリリース。

2010年6月、時代劇専門チャンネルがプロデュースした口笛・ハンドフルートなどの人間楽器にて有名時代劇テーマ曲をカバーしたアルバム「日本晴れのうた ハミングしたい時代劇音楽集」に参加、鬼平犯科帳オープニングテーマなど9曲で口笛を演奏している。

2010年12月、古筝奏者の伍芳(ウーファン)の日本デビュー15周年記念アルバム「神戸チャイナ倶楽部」をプロデュースし、自身も演奏で参加。

2012年2月、ビートルズのカバー集となるサード・アルバム「プレイズ・ビートルズ」をリリース。

2012年4月、ローソンHMVエンタテイメント内に、自身が主宰するレーベル「Mastard Records」を設立(現在は同レーベルの運営から離れており、別スタッフが主宰)

2013年8月、東京都が制作しyoutube上で公開した東京五輪招致応援コンテンツ「上を向いて歩こう」で口笛を担当し話題を呼ぶ。

世界3大ギタリストのジェフ・ベックの前で口笛を吹き、彼がのたうち回るほど絶賛された、というエピソードもある[1]

作品[編集]

口笛太郎Duo[編集]

アルバム[編集]

  • 風とギターケース (2007年11月3日)
  • ジブリとギターと口笛と。(2010年3月9日)
  • プレイズ・ビートルズ(2012年2月9日)

その他CD[編集]

  • 象の背中(絵本)(2007年12月)・・・絵本に封入されている付属CD
  • Kanade『あーあなたに出逢えてよかった feat.花*花』・・・・カップリング収録の同曲の口笛ヴァージョンを演奏
  • 『日本晴れのうた ハミングしたい時代劇音楽集』(2010年6月23日発売) ・・・・ 全12曲中の9曲に口笛で参加
  • 伍芳『神戸チャイナ倶楽部』(2010年12月8日発売) ・・・・ アルバム・プロデュース兼12曲目「星に願いを」に口笛で参加ほか、複数曲にパーカッションで参加。
  • 『にっぽん縦断こころ旅 オリジナルサウンドトラック 』(2011年9月21日発売)・・・口笛で2曲参加。

DVD[編集]

  • DVD版「トロと旅するthe movie」のBGMの口笛

着うた[編集]

その他参加作品[編集]

  • ジャズ・フュージョンのコンピレーションCD「Breezin'-The Best Of Fusion」(2010年7月)選曲・監修。
  • iTuneStoreで大ヒットを記録したシリーズ"アトリエ・ボッサ・コンシャス"を、クリエイターのトベタバジュンと共にプロデュース。
  • 2007年4月より、NHK-BSで放映された番組『関口知宏の中国鉄道大紀行 〜最長片道ルート36000kmをゆく〜』の劇版音楽の口笛を担当。
  • 2010年冬より、(株)ワールドが経営するファッション・ブランド「Be An Angel」「Flower Jelly」の店内BGMの選曲を担当。
  • 2011年2月より、NHK-BSで放映中の番組『にっぽん縦断 こころ旅』の劇版音楽の口笛を担当。

レーベル・プロデューサー/A&Rとしての担当アーティスト[編集]

メレンゲ森広隆、WeiWei Wuu、伍芳ゴー☆ジャス、f.e.n、チャラン・ポ・ランタンNavy&Ivory、大西洋平、真鍋吉明(the pillows)、佐藤竹善シアターブルックSissy仲井戸"CHABO”麗市、金木和也、野口五郎、アトリエ・ボッサ・コンシャス、Machico子供ばんど及川光博 ほか

脚注[編集]

  1. ^ [1]口笛太郎ブログ(2010/4/15)より

関連人物[編集]

外部リンク[編集]