反精神医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツ語で「馬鹿者の塔」(: fools' tower)と呼ぶウィーン愚者の塔は――特に「精神病院」(: madhouse)として設計された建物のうち最も早期のものの一つだった。それが建ったのは1784年だった。

反精神医学(はんせいしんいがく、英語: Anti-Psychiatry)は、 精神医療処方が患者にとって役立つよりもむしろしばしば大きく損なうとの見解に基づく、幅広い社会運動である。反精神医学の信奉者たちを動機付けする反対理由は精神医学についての論争 英語: controversies about psychiatryのすべての領域にわたっている。それらは治療法の有効性と潜在的な害について関係するものを含んでいるかもしれない;例えば、反精神医学の信奉者は危険な手順を指摘するかもしれない[1]

より一般には、しかしながら、活動家たちは精神医学自体とその実践の療法に関する哲学的そして倫理的問題に焦点をあてる。例えば、これらの活動家たちは、ある程度には有効だと認めるかもしれない、しかし治療が施されるものであるもとでの環境の目的を欲する。彼らは精神療法向精神薬の服用もまた、患者の健康に関する問題というよりは、社会的、そして政治的問題を形成する、本来的に不自然で非倫理的な療法として見るかもしれない。彼らは「非正常かどうかの問題の判断は哲学的精神の特権によるべきである」こと、そしてその精神は、医学的問題にすべきではないことを信じるかもしれない。何人かの活動家たちは精神病の精神医学的概念を拒否する[2]

反精神医学は精神医学を、医者と患者の間の不等な 権力関係であり、高度に主観的な診断上のプロセスであるため、それを圧制の強制的な道具として考える。非自発入院 # 不正な非自発的関与は運動のなかで重要な問題である。

非中心的な運動は多様な形で二十年の間活動的だった。 [3][1] 1960年代に、抑圧的で管理的なものとして特徴づけられる精神医学的実践の最も基礎であるところの、精神分析と主流派の精神医学において多くの問題があった。[4]トーマス・スザッツ 英語: Thomas Szaszジョルジョ・アントヌッチ 英語: Giorgio Antonucciロナルド・D・レインフランコ・バザリアセオドア・リッツシルバーノ・アリエッティ 英語: Silvano Arietiデヴィッド・クーパーを含む精神医たちはこの議論に巻き込まれた。他の者としてはL・ロン・ハバードミシェル・フーコージル・ドゥルーズフェリックス・ガタリアーヴィング・ゴッフマンが含まれる。クーパーは1971年に「反精神医学」(: anti-psychiatry)という用語を造語した。[3][1][2]トーマス・スザッツは、 The Myth of Mental Illness(1961)という本の中で 神話としての精神病の定義を導入した。ジョルジョ・アントヌッチはI pregiudizi e la conoscenza critica alla psichiatria(1986)という本の中で偏見としての精神医学の定義を導入した。

1970年代の盛時以来、医薬品(特に SSRI及び SNRI)並びに心理療法が広く普及し効果的になるにつれて、反精神医学運動は衰退した。それでもなお、特に処理を与える者その受容者との間の関係の見地から、精神医学と心理学の領域の内外での思考にその運動は影響を持ち続ける。[1][2]

概要[編集]

それまでの精神医学・精神医療に対する批判が生まれた背景については、精神医学#20世紀精神保健の歴史日本の精神保健精神障害#精神障害と社会障害者差別社会的入院などの各項目を参照。

反精神医学を標榜する者の主な批判内容は以下のとおり。医療化ラベリング理論も参照。

  • 精神医学は社会的逸脱にある種の精神病というラベルを付与する<社会統制(social control)>の一形態である。
  • 診断上のカテゴリーが表現しているのは、中立的な科学ではなく支配的な一群の価値であり、こうした診断上のラベルが使用されることによって、精神的に病める人々に烙印が押される(stigmatize)。
  • 狂気がアサイラム: asylum)の必要性を産み出すのではなく、アサイラムが狂人の必要性を産み出す。
  • 異常とみなされた人々の強制入院は基本的人権の侵害である。
  • 精神医学が利用する精神外科ロボトミー手術)、電気けいれん療法 (ECT) のような治療上の処置は、人間の尊厳を傷つけるものであり、その効果も不確かなものである。

欧米における反精神医学[編集]

反精神医学運動は、伝統的な形態に取って代わる一連のアプローチと処置を提示した。その根本的提案は、既存のアサイラムと精神病棟を閉鎖して、<地域医療(community medicine)>を選好することであった。この運動にはアメリカのトーマス・サス(T.Szasz,1971)、フランスミシェル・フーコー(M.Foucault,1961)、イギリスロナルド・D・レイン(R.D.Laing,1959)などが参画している。アサイラムが<全制的施設/全面的収容施設(totalinstitution)>であるとするアーヴィング・ゴッフマン(E.Goffman,1961b)の批判は、社会学の領域で影響力をもった。

アメリカの新興宗教であるサイエントロジーと反精神医学の関わりについては、サイエントロジーと精神医学、サイエントロジーの立場から精神医学を批判する「市民の人権擁護の会」についての記事を参照。

1960年代以降は精神病棟からの退出が進み、外来診療の利用が増大した。そのため、現代では精神医学に対する批判はそれほど強いものではない。この脱施設化(de-institutionalization)あるいは脱監禁化(decarceration)が可能となったのは、一つには精神科の薬向精神薬)が改良されたからである。しかし精神医学への批判者は、この政策がもたらされたのはそれ以上に入院加療費の増大による社会保障上の理由である、と主張する。

日本における反精神医学[編集]

日本においては、1964年ライシャワー事件を契機に、精神衛生法(現:精神保健福祉法)で強制入院に関する条項が強化されると、これを精神病患者に対する予防拘禁であるとして「保安処分反対闘争」が展開された。

また1970年代には、臺弘ロボトミーで行った人体実験臺実験」が日本精神神経学会で告発されたことを受け、東京大学医学部附属病院精神病棟で赤レンガ闘争が起こる。大学紛争から学会紛争に発展する形で、新左翼運動と結びついた障害者解放闘争反差別闘争)の一環として反精神医学運動が高揚した。

その中で学会においては、統合失調症(当時は「精神分裂病」と呼ばれていた)の研究までがタブーという空気が流れ、1964年に設立された「日本精神病理精神療法学会」は1969年大会を最後に消滅していたが、ワークショップ分裂病の精神病理』などを通じて研究が続けられ、1988年日本精神病理学会として復活している。

また1970年代から1980年代にかけては、1974年に発足した全国「精神病」者集団をはじめ、精神科医笠陽一郎が関わる「精神病」者グループごかいなど、反精神医学的な立場を取る精神障害者患者会も結成されている。

1970年大熊一夫アルコール依存症を装い潜入入院して取材した『ルポ・精神病棟』を朝日新聞に連載、世間の目から閉ざされていた精神病院の実態を告発した。この連載は1973年書籍化されロングセラーとなった。1984年には栃木県報徳会宇都宮病院宇都宮病院事件が発覚し、精神病院での入院患者虐待死という衝撃的な事件は、日本国内のみならず海外マスメディアでも大きく報道された。1990年代に入ると処方薬に関する情報が広まったことにより、精神科における多剤大量処方の問題も報道されるようになった。

2000年代以降は、学生運動や労働運動の退潮と共に左翼思想と結びついた反精神医学運動は低調化したものの、左翼運動とは無関係に反精神医学的な思想は続いており、中には新興宗教スピリチュアリズムなどと結びついたものもある(前述のとおり、アメリカでは元々そうした流れがあった)。現在でも内海聡など反精神医学的な立場を取る医師もあり(ただし内海聡は内科医であり精神科医ではない)、反精神医学的な内容の書籍や雑誌記事も多数出版されている。またインターネットの普及により、反精神医学的な主張のウェブサイトも出現するようになった。

マスコミの報道により精神医療の問題が広く知られるようになると、日本の反精神医学運動においてもそうした問題を社会に対して強く訴えた。そのような運動により、精神病院の環境改善や患者の人権擁護、根拠に基づく医療インフォームド・コンセントの定着を促した一方で、精神医療や精神科医、向精神薬に対する過剰な恐怖心や不信感を煽り、薬物治療が進歩したにもかかわらず必要な精神医療を受けようとしなかったり、患者や家族が代替医療偽医療に縋ってしまうという問題点もある。

脚注または引用文献[編集]

  1. ^ a b c d CITEREFMDedge_Psychiatry2011
  2. ^ a b c ([[#CITEREF|]])
  3. ^ a b (Burns 2006), pp. 93 - 99
  4. ^ (APM)

ウェブサイト[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

人物[編集]

欧米[編集]

日本[編集]

事項[編集]