反ポーランド感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

反ポーランド感情(はんポーランドかんじょう)はポーランド人及びポーランド文化に対する敵対的な態度・偏見・言動。英語では、ポロノフォビア(Polonophobia[1])や反ポロニズム(anti-Polonism[2])とも言われる。その実態は、ポーランド人ポーランド系の祖先を持つ移民に対する人種的・民族的な偏見差別、さらには移民先の政府による半ば公然たる差別待遇まで、多岐にわたる。こういった偏見が、第二次世界大戦中・戦後の、とりわけドイツナチスウクライナ民族主義者やソビエト連邦によるポーランド人大量虐殺などの残虐行為を正当化することになった[3]

概要[編集]

周辺の東ヨーロッパの旧共産圏諸国と比較して、他人種に対する差別が顕著であるポーランド人は、他のヨーロッパ諸国においてはむしろ歴史的背景から今日に至るまで差別され続けて来た。ある特定の民族が永年に亘って継続的に差別・虐待されるには、それなりの理由や歴史的な背景があるが、ポーランド及びポーランド人に関しては以下のような諸点が挙げられる。  *  *  *

脚注[編集]

  1. ^ Ilya Prizel (13 August 1998). National Identity and Foreign Policy: Nationalism and Leadership in Poland, Russia and Ukraine. Cambridge University Press. p. 171. ISBN 978-0-521-57697-0. https://books.google.com/books?id=fE2quB852jcC&pg=PA171 
  2. ^ Thaddeus C. Radzilowski,, Anti-Polonism
  3. ^ Deceiving the Public”. 2018年11月16日閲覧。