双竜・チボリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チボリTivoli、티볼리 )は、 韓国雙龍自動車が製造・販売するBセグメント-CセグメントクロスオーバーSUVである。

雙龍の世界戦略モデルとしてありとあらゆる地域で「チボリ」として販売されるが、中国市場のみ、商標上の都合により「TIVOLAN(チボラン)」の名で販売される。

当項では、2016年に追加されたロングバージョンのチボリ エアTivoli Air티볼리 에어)についても併記する。

概要[編集]

コードネーム「X100」の名で、コランドCの下に位置するコンパクトSUVとして42ヶ月の期間と3.500億ウォンをかけて開発された[1]マヒンドラ傘下となった後に開発された最初の車種でもある。

エクステリアは双龍車のデザイン哲学である「軽快」「雄壮」「躍動」のうち、「軽快」のコンセプトに基づいてデザインされた。

2011年フランクフルトモーターショー2012年ジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトカー「XIV-1」、ならびに2012年モンディアル・ド・ロトモビル(パリサロン)で発表された「e-XIV」を源流とし、2014年のモンディアル・ド・ロトモビルで発表されたコンセプトカー、「XIV-エア」「XIV-アドベンチャー」はいずれもチボリのデザインスタディモデルである。

歴史[編集]

初代(X100型、2015年 - )[編集]

サンヨン・チボリ/チボリ エア
チボリ フロント
SSANGYONG TIVOLI 001.JPG
チボリ リヤ
SSANGYONG TIVOLI 002.JPG
チボリ エア リヤ
20160505 SsangYong Tivoli Air 002.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン e-XGi160 直4 1.6Lガソリン
e-XDi160 LET 直4 1.6Lディーゼル
駆動方式 FF4WD
変速機 6速MT、6速AT
サスペンション フロント:ストラット
リヤ:トーションビーム(2WD)、マルチリンク(4WD)
全長 4,195mm(チボリ)
4,440mm(チボリ エア)
全幅 1,795mm
全高 1,590mm-1,635mm
ホイールベース 2,600mm
-自動車のスペック表-
  • 2014年11月25日、予告スケッチが公開され、車名を「チボリ」とすることを発表した[2]。 
  • 2014年12月26日、公式画像を発表[3]
  • 2015年1月13日、発表・発売開始。エンジンは「e-XGi 160」と呼ばれる新開発の1.6Lガソリンを採用し、6MT(TXのみ)もしくはアイシン・エィ・ダブリュ6ATと組み合わせた。 外板の71.4%にポスコ製の高張力鋼を使用し、このうち約40%が中空高張力鋼である。 エアバッグについては前席はもちろん、サイド、カーテン、ニ―まで含む7点式(TX、VXは6点式)を採用するとともに、車体姿勢制御装置(ESP)とタイヤ空気圧警報装置(TPMS)がすべてのグレードに標準装備して安全性への配慮に備えた。エクステリアは前後レンズにLEDをふんだんに使用することで、高級感とスポーティ性の両立を図っている。「スマートステア」と呼ばれるパワーステアリングを3モード(「ノーマル」「コンフォート」「スポーツ」)にセッティング出来るデバイスも備え、「スーパービジョンクラスタ」と名付けられたメーターは照明は全6色を備え、気分に応じて自由自在に切り替えられる。韓国国内におけるライバルはルノーサムスン・QM3(日本名:ルノー・キャプチャー)、シボレー・トラックスMINIカントリーマン(日本名:MINIクロスオーバー)などである。
  • 2015年7月6日、ディーゼルモデルと4WDモデルを追加。ディーゼルモデルに搭載されるエンジンは「e-XDi 160 LET(Low End Torque)」と呼ばれるロープレッシャー型ターボディーゼルであり、街中での扱いやすさを重視したセッティングとなっている。トランスミッションはアイシン製6ATのみで、6MTの設定は無い。同時に、新設定の4WDは「スマート4WD」と呼ばれるスタンバイ式を採用し、ガソリンエンジンのみと組み合わされる。また、リヤの足回りもトーションビームからマルチリンクに変更される。
  • 2015年9月のフランクフルトモーターショー、ならびに2016年3月のジュネーブモーターショーではロング仕様の「チボリ XLV」が発表され、その後、3月30日に韓国で「チボリ エア」の名で発表、販売を開始した(エンジンは「e-XDi 160 LET」ディーゼルのみ)。チボリ比で単に全長を245mm延長しただけではなく、Cピラー以降の造形を新設計とし、ルーフレールを装着する関係で全高も若干増している半面、ホイールベースについては不変である。尚、延長分はそのままリヤオーバーハングに充てられ、カーゴスペースの増大に貢献している。尚、「チボリ エア」は海外市場では「Exciting Lifestyle Vehicle」の頭文字をとった「XLV」の名で販売される。



グレード[編集]

2016年5月現在

  • チボリTX/チボリ エアAX
    • 廉価版だが、6エアバッグ、ABS+ESPHSATPMS、16インチタイヤ+アルミホイール、イモビライザーフォグランプなどを装備。ガソリン車とディーゼル車を用意するが、チボリTXのディーゼル以外は6MTも用意する。
  • チボリVX/チボリ エアIX
    • TXにスマートシステムDRL、ドアミラー内蔵LEDターンランプ、リヤフォグランプ、人工皮革シート+運転席シートヒーター、本皮革ステアリング、クロームインサイドドアハンドル、フルオートエアコンクルーズコントロール、バックセンサーなどを装備。ガソリン車とディーゼル車を用意。エアIXは4WDも選べる。チボリ エアIXはメーカーオプションを追加することでチボリLX豪華版相当に出来る。
  • チボリLX豪華版(ガソリン)、LX(ディーゼル)
    • VXに18インチタイヤ+アルミホイール、運転席ニーエアバッグ、ファッションルーフレール、スーパービジョンクラスタ、オートライトシステム、雨滴検知オートワイパーシステム、7インチタッチスクリーン式オーディオ(スマホ対応)などを装備。オプションで2トーン仕様も選択可。チボリはガソリン車とディーゼル車を用意するが、前者は4WDも選べる。HID+ヘッドランプレベライザーがオプションで選択可能。
  • チボリLX最上級版/チボリ エアRX
    • LX豪華版にHID+ヘッドランプレベライザー、光輝仕様18インチアルミホイール、LEDルームランプ、本皮革シート+運転席パワーシート、前方障害物検知システム、プライバシーガラスなどを装備。オプションで2トーン仕様、ともに4WDも選択可。前者はガソリン、後者はディーゼル。



車名の由来[編集]

イタリアの保養地「ティヴォリ」とデンマークの公園である「チボリ公園」に由来し、「新しいスタイルと性能でドライバーにインスピレーションと楽しみを提供する」ことを示している。

また、メーカー自身で「TIVOLI」を「I LOV IT」(I LOVE IT)と逆に記して、親しみを持たせようとしている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 쌍용자동차, ‘My 1st SUV 티볼리’ 출시(邦題:双竜自動車、「My 1st SUV チボリ」発売開始)NEWS WiRE 2015年1月13日
  2. ^ 韓国サンヨンの新型BセグSUV、車名は「チボリ」…2015年発売へResponse.2014年11月28日(2015年1月13日 閲覧)
  3. ^ 韓国 サンヨンの新型SUV、「チボリ」…画像公開Response.2014年12月26日(2015年1月13日 閲覧)
  4. ^ TIVOLI - I LOV ITYouTube内公式サイト

外部リンク[編集]

  • TIVOLI雙龍自動車 公式サイト(韓国語)
  • TIVOLI air雙龍自動車 公式サイト(韓国語)
  • TIVOLAN中国仕様(中国語)