双松公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
双松公園
双松公園の位置(山形県内)
双松公園
所在地
山形県南陽市宮内4396-1
座標 北緯38度4分46.4秒 東経140度8分21.2秒 / 北緯38.079556度 東経140.139222度 / 38.079556; 140.139222座標: 北緯38度4分46.4秒 東経140度8分21.2秒 / 北緯38.079556度 東経140.139222度 / 38.079556; 140.139222
駐車場 あり
アクセス #アクセスを参照。

双松公園(そうしょうこうえん)は、山形県南陽市にある公園

概要[編集]

南陽市の宮内地区に位置する。高台にあり公園からは置賜盆地を一望できる[1]。公園名である双松公園の由来は山形県指定天然記念物の「妹背の松」からきている[2]。春にはシダレザクラの「慶海桜」「眺陽桜」が咲き誇り、置賜さくら回廊の一つに数えられている。

1967年には広さ8,000平方メートルの双松バラ園が園内に開園しており、340種類、計6,000本のバラを開花時期には見ることができる。尚、バラまつり期間は入場料がかかるので注意が必要[1][3]

アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 南陽市観光協会”. 南陽市観光協会 . 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ a b 双松公園 南陽市の観光スポット”. るるぶ.com. 2017年4月16日閲覧。
  3. ^ 双松バラ園”. 南陽市. 2017年4月16日閲覧。