友近聡朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

友近 聡朗(ともちか としろう、1975年4月24日 - )は、愛媛県政治家。前参議院議員(1期)。元サッカー選手で、ポジションはFW。ニックネームはズーパー。父は松山市議会議員の友近正、祖父も元松山市議会議員である。民主党国民の生活が第一日本未来の党を経た。2013年4月より、公益財団法人笹川スポーツ財団、特別研究員。

略歴[編集]

友近 聡朗 Football pictogram.svg
名前
愛称 ズーパー
カタカナ トモチカ トシロウ
ラテン文字 TOMOCHIKA Toshiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-04-24) 1975年4月24日(41歳)
出身地 愛媛県
身長 165cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム 愛媛FC
ポジション FW
背番号 11
利き足 両足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サッカー選手として[編集]

1975年4月24日愛媛県松山市に生まれる。小学校在学中に地元の松山サッカークラブに入団し全日本少年サッカー大会ではベスト16まで進出している。1991年に愛媛のサッカー強豪高として知られる、愛媛県立南宇和高等学校に入学した。同期に大木勉がいる。2年次に同校サッカー部は全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、ベスト8までコマを進めた。特に3回戦では、前年度優勝の帝京高校から2得点を奪い、2-0の勝利に貢献した活躍は、南宇和では語り草となっている。1994年には早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学し、ア式蹴球部でプレーした。

大学卒業後の1999年ドイツに留学して下部リーグでプレー。地域に密着したサッカークラブのありさまを具に観察する機会を得て、友近のサッカークラブ観に大きな影響を及ぼし、帰国後生まれ故郷の愛媛でプレーをする伏線になっている。

2001年に当時日本フットボールリーグ(JFL)の愛媛FCに入団。フルタイムのプロフェッショナルではなくサラリーマンとして働きながら地元愛媛でのプレーをはじめた。サポーターからはズーパーと呼ばれて親しまれた。ズーパーはSuperドイツ語読みしたものである。地元出身の選手であり、地元の強豪高南宇和高校の中心選手でもあったことから愛媛での人気が非常に高かった。

ドイツ留学の経験から、故郷のクラブである愛媛FCの地域密着、普及、発展を願い、「愛媛にJリーグが出来ればそこがディズニーランドになる」という友近独自のスローガンを打ち出して愛媛FCのJリーグ昇格、地域への浸透を積極的にアピールした。

2005年の愛媛のJFL優勝、J2昇格に貢献した友近は、2006年シーズン終了後に現役を退く事を明らかにした。2007年1月31日をもって愛媛FCを退団した。

その後、生涯、スポーツの素晴らしさを子供たちに伝えていくため、2009年シーズンより、松山クラブ2002(愛媛県社会人リーグ|愛媛県中予1部リーグ所属)へ入団[1] した。

所属クラブ[編集]

  • 南宇和高校
  • 早稲田大学
  • 1998年 愛媛FC
  • 1999年 SVGゲッティンゲン(ドイツ)
  • 2000年 トゥスポ・バルタウ (ドイツ)
  • 2001年 - 2006年 愛媛FC
  • 2009年 - 現 在 松山クラブ2002

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1998年 愛媛 24 四国 -
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1999年-2000年 ゲッティンゲン (4部相当)
1999年-2000年 トゥスポ・バルタウ (7部相当)
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001年 愛媛 11 JFL 27 6 -
2002年 愛媛 11 JFL 13 2 -
2003年 愛媛 11 JFL 27 18 -
2004年 愛媛 11 JFL 27 16 -
2005年 愛媛 11 JFL 26 9 -
2006年 愛媛 11 J2 2 0 -
2009年 松山ク 11 愛媛中予1部 3 2 - -
通算 日本 J2 2 0 -
日本 JFL 120 51 -
日本 四国 -
日本 愛媛中予1部 - -
ドイツ
総通算

記録[編集]

政治家として[編集]

日本の旗 日本の政治家
友近 聡朗
ともちか としろう
生年月日 ( 1975-04-24) 1975年4月24日(41歳)
出生地 日本の旗愛媛県松山市
出身校 早稲田大学人間科学部
前職 プロサッカー選手
所属政党 無所属→)
民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党
称号 人間科学士
親族 父・友近正(松山市議会議員)
祖父(松山市議会議員)

選挙区 愛媛県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2012年12月4日
テンプレートを表示

2007年2月8日民主党代表小沢一郎と共に記者会見を開き同年実施される参議院議員選挙の愛媛県選挙区から無所属民主党社会民主党国民新党9条ネット新社会党推薦)での出馬を表明した。7月29日に行われた第21回参議院議員通常選挙において自由民主党現職の関谷勝嗣を下し、初当選。8月6日には参議院会派「民主党・新緑風会」に入会した。

2009年10月20日、小沢の要請を受け、民主党に入党した。

2012年7月3日に民主党を離党[2]。同年7月11日国民の生活が第一の結党に参加した[3]

同年の衆議院解散を受けて、12月16日第46回衆議院議員総選挙に、所属する国民の生活が第一が解党し合流した日本未来の党公認候補として、愛媛2区から立候補することが内定。12月4日の公示を受けて立候補を届け出たため、公職選挙法の規定により、参議院議員を退職(失職)した。総選挙では得票数第3位に終わり落選した。

新国立競技場将来構想ワーキンググループの施設利活用(スポーツ)委員(座長:小倉純二)を務めた[4]。その際、スポーツ振興くじ(toto)の対象試合拡大や、建設費への活用を提言した[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ 友近としろう公式ホームページ お知らせ 2009年4月8日
  2. ^ 小沢氏ら衆院37人除名 民主党、参院12人は「離党」 - 中国新聞 2012年7月3日
  3. ^ 新党の参加議員 - 時事ドットコム 2012年7月11日
  4. ^ 研究員紹介 笹川スポーツ財団
  5. ^ 第54回 理想の国立競技場へ - SPORTS COMMUNICATIONS、2012年3月23日
  6. ^ 第60回 スポーツの秋、振興くじの改正へ - SPORTS COMMUNICATIONS、2012年9月28日

関連項目[編集]