友田錫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

友田 錫(ともだ せき、1935年1月27日[1] - 2018年7月31日[2])は、日本のジャーナリスト、国際関係学者。

略歴[編集]

東京生まれ。1958年早稲田大学文学部仏文科卒、東京新聞に入り外信部記者、1962年産経新聞社に移り外信部、1967-1968年サイゴン特派員、プノンペン特派員、1974-1978年パリ特派員、パリ支局長、政治部編集委員、1983年国際報道部長、1984年編集局次長、論説委員を経て、山陽学園短期大学教授となり、1992年亜細亜大学アジア研究所教授、2002-2004年所長、2005年日本国際問題研究所所長[3]、2009年退任。

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • ローランド・オリバー, J.D.フェイジ『アフリカの歴史』北詰洋一共訳 時事通信社(時事新書)1964
  • ノロドム・シアヌーク, ジャン・ラクチュール『北京からみたインドシナ シアヌークは語る』サイマル出版会 1972
  • チボール・メンデ『豊かな世界・貧しい世界 援助政策の再検討』加藤行立共訳 サイマル出版会 1974
  • ジャン=マリー・シュバリエ『石油の新しい賭け メージャーと産油国の世界戦略』青山保共訳 サイマル出版会 1975
  • 『シアヌーク回想録 戦争…そして希望』青山保共訳 中央公論社 1980
  • クレア・スターリング『テロ・ネットワーク 国際テロ組織の秘密戦争』山本一郎共訳 サンケイ出版 1982
  • フローラ・ルイス『ヨーロッパ 民族のモザイク』河出書房新社 1990
  • クリストフ・ペシュー『ポル・ポト派の素顔』監訳 日本放送出版協会 1994
  • ナヤン・チャンダ『ブラザー・エネミー サイゴン陥落後のインドシナ』滝上広水共訳 めこん 1999
  • フローラ・ルイス『ヨーロッパ 統合への道』河出書房新社 2002
  • ナヤン・チャンダ『グローバリゼーション人類5万年のドラマ』滝上広水共訳 NTT出版 2009

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002
  2. ^ 元日本国際研究所所長・元産経新聞外信部長の友田錫さん死去”. 産経ニュース (2018年8月1日) 2018年8月4日閲覧。
  3. ^ 友田錫教授のご退任に際して:亜細亜大学