友杉芳正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

友杉 芳正(ともすぎ よしまさ、1942年5月11日 - )は、日本の会計学者。元金融庁公認会計士・監査審査会会長。

来歴[編集]

  • 1971年(昭和46年) - 慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得・満期退学。同年、名古屋商科大学商学部専任講師
  • 1976年(昭和51年) - 名古屋商科大学助教授。
  • 1982年(昭和57年) - 三重大学人文学部教授。
  • 1992年(平成4年) - 三重大学大学院人文社会科学研究科教授。
  • 1993年(平成5年) - 慶應義塾大学博士(商学)。
  • 1995年(平成7年) - 名古屋大学経済学部教授。
  • 2000年(平成12年) - 名古屋大学大学院経済学研究科教授。
  • 2004年(平成16年) - 名古屋大学経済学部長・経済学研究科長。
  • 2006年(平成18年) - 名古屋大学名誉教授。早稲田大学大学院商学学術院教授。
  • 2010年(平成22年) - 公認会計士・監査審査会会長。
  • 2012年(平成24年) - 名古屋経済大学大学院客員教授

著書[編集]

共著[編集]

  • 『スタンダードテキスト 監査論』(中央経済社、2009年)
  • 『財務情報の信頼性―会計と監査の挑戦』(2008年)

単著[編集]

  • 『新版 スタンダード監査論』(中央経済社、2004年)
  • 『内部監査の論理―妥当性監査の視点から』(中央経済社、1992年)
  • 『中間財務情報論』(中央経済社、1990年)
  • 『簿記会計論』(1987年)