大川宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
及川宏から転送)
移動先: 案内検索
及川 宏(おいかわ ひろし)
基本情報
本名 大川 宏(おおかわ ひろし)
階級 不明(キックボクシング
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1945-10-17) 1945年10月17日(71歳)
出身地 千葉県匝瑳郡栄村(現:匝瑳市
スタイル 空手道極真会館
テンプレートを表示

大川 宏(おおかわ ひろし、1945年10月17日 - )は、日本空手家・拳眞塾塾長。旧名は及川 宏(おいかわ ひろし)。千葉県匝瑳郡栄村(現:匝瑳市)出身。

来歴[編集]

1960年日本空手道極真会 大山道場 成増支部へ入門[1]極真会館本部道場へ移籍し、1967年4月15日黒帯初段)を允許された[2]。一緒に昇段した仲間に山崎照朝添野義二鈴木浩平盧山初雄らがいる[2]

1969年4月からNETは、TBS日本テレビに続き、「ワールドキックボクシング」を放映すると決定。NETはムエタイ選手や日本拳法空手道空手の各流派に出場要請をして選手集めをする他、極真会館へも同年2月に参戦依頼をしてきた。館長の大山倍達は当時の高弟から山崎照朝・添野義二・大川を選出し、極真ジム所属として参戦させ、彼らは「極真三羽烏」と紹介された[3]。本部道場の指導員を担い、千葉真一矢吹二朗を指導している。

1970年第2回オープントーナメント全日本空手道選手権大会に出場。

1985年千葉県内に拳眞塾を創設。

拳眞塾[編集]

門下生の中心は幼年、少年の子どもたちである。営利を目的とした団体ではないため専有道場をもたず、学校の体育館などを道場の場として活動している[4]

拳眞塾の基本精神と技術は極真空手のそれを引き継いだものであり、直接打撃制が特徴である。安全性に配慮し、顔面殴打の禁止や拳サポーター使用などのルールが採用されている[5]

なお、極真会館から派生した空手団体の一つである。

脚注[編集]

  1. ^ 概要”. 拳眞塾. 2013年4月7日閲覧。
  2. ^ a b 国際空手道連盟 極真会館 - 年度別昇段登録簿(国内)」『極真カラテ総鑑』 株式会社I.K.O. 出版事務局(原著2001年4月20日)、初版、62頁。ISBN 4816412506
  3. ^ 「第2章 再検証極真ジム」『極真外伝 - ~極真空手もう一つの闘い~』 中村カタブツ君、中村愚乱・ジャイ子、ぴいぷる社(原著1999年12月25日)、初版、93、101、103 - 114頁。ISBN 4893741373
  4. ^ 「第1章 - 拳真とは拳の真髄を極めること」『挑戦 - 武道一代・極真空手に生命を賭けた男』星雲社、1998年、26 - 33頁。
  5. ^ 『第21回全日本武道空手道交流大会プログラム』拳眞塾、2012年、6 - 7頁。

外部リンク[編集]