厳象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

厳 象(げん しょう、拼音: Yán Xiàng延熹6年(163年) - 建安5年(200年))は、中国後漢末期の人物。字は文則司隷京兆尹の人(「荀彧伝」)。厳像げんぞう、とも書く(「王粲伝」)。

生涯[編集]

若いころから聡明博学で胆力・智力を兼備していた[1]。建安年間の初め、陳留路粋とともに尚書郎に抜擢された(「王粲伝」)。

文武に秀でていたので荀彧に推挙された。督軍御史中丞に任命されて揚州に赴任し、袁術を討伐した。しかしその折、袁術が病死したため揚州に残り、揚州刺史に任命された(「荀彧伝」)。

当時、袁紹が隆興し孫策江東を統一していたため、曹操は困惑していた[2]。曹操はまず、孫策を手なずけようと自らの弟の娘を孫策の弟孫匡に娶せ、子の曹彰のために孫賁の娘を娶った。また、孫策の弟である孫権孫翊を手厚い礼で招き官職を与えた。この時、厳象は曹操の命により孫権を茂才に推挙した(「孫策伝」)。

孫策は存命中に劉勲を追放し、李術廬江太守としていた。しかし孫策死後、厳象は孫権に従わなかった李術により、殺害されてしまった(「荀彧伝」他[3])。時に38歳であったという(「荀彧伝」)。

脚注[編集]

  1. ^ 『三国志』魏書荀彧伝に引く『三輔決録注』にいう。厳象と同郡出身の趙岐は『三輔決録』を著したが、世間の人々がその内容を理解できないことを恐れ、ただ厳象だけに見せたという
  2. ^ 『三国志』呉書孫策伝に引く『呉歴』にいう。孫策の江東統合の報に接し、曹操は疎ましく思い「狂犬野郎とは喧嘩するわけにはゆかぬのだ」と大声で言ったりしたという
  3. ^ 他に「劉馥伝」・「呉主伝」に記載がある