厳斗一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

厳斗一(オム・ドゥイル、1971年6月12日 - )は、在日コリアンテコンドー師範。京都府生まれ。東京都足立区在住。

プロフィール[編集]

1990年代に活躍したITFテコンドーの代表選手の1人。日本国際テコンドー協会理事。テコンドー師範。5段。身長175cm、体重65kg。 テコンドー師範では珍しく、サラリーマンの経験がある。退社後は、テコンドーの師範として後進育成に活躍。現役時代の実績に裏付けられた指導力と親しみやすい人柄でテコンドー・オムスクールを急成長させ、国際大会で優秀な成績をおさめる有名選手を数多く輩出。雑誌フルコンタクトカラテではテコンドーインストラクターの日々を綴った連載記事を執筆する。

主な戦績[編集]

  • 1988年4月 第6回世界テコンドー選手権大会(ハンガリーブダペスト)において、17歳で日本代表として選抜。団体型の部で金メダル獲得。
  • 1990年4月 第1回全日本大会ライト級準優勝
  • 1990年8月 第7回世界テコンドー選手権大会(カナダモントリオール)日本代表。
  • 1991年4月 第2回全日本大会ヘビー級優勝
  • 1992年4月 第3回全日本大会ライト級準優勝
  • 1992年9月 第8回世界テコンドー選手権大会(北朝鮮平壌)日本代表。銀メダル獲得。
  • 1993年4月 第4回全日本大会ライト級優勝
  • 1994年4月 第5回全日本大会ミドル級準優勝
  • 2001年6月 第12回全日本大会ライト級優勝
  • 2002年6月 第13回全日本大会ライト級優勝・3段型の部優勝 MVP獲得

歴史[編集]

1982年、ITFテコンドーが日本で誕生した当時の一期生。速水勇、黄秀一(ファン・スイル)とともに、テコンドー三羽烏として活躍。小学校から高校まで朝鮮学校に通いながらテコンドーの習得に励む。朝鮮高校時代にハンガリーで行われた第6回世界テコンドー選手権大会の男子団体型の部にて、金メダルを獲得。その後は大学進学を志し、[1]大学入学資格検定を受けて、青山学院大学経営学部入学。同大学卒業後は、世界4大会計事務所の一つであるKPMGへ入社し、テコンドー界から距離を置くことに。同社退社後、テコンドー界への復帰を果たし、2001年・2002年と全日本テコンドー選手権大会で2連覇を果たす。2002年にはMVPを獲得。

現役を退いた現在は、テコンドー・オムスクールの代表として、東京都足立区千葉県柏市千葉市等で、後進の指導に励む。

テコンドー・オムスクール所属選手の国際試合戦績[編集]

  • 2006年11月 第3回アジアテコンドー選手権大会(インドニューデリー) 
    • 赤木美千子 個人組手 女子-45kg 優勝
    • 赤木美千子 団体組手 JAPAN女子 第3位
    • 赤木美千子 団体型 JAPAN女子 第3位
    • 野本大輔 個人組手 男子-64kg 第3位
    • 寺島亮介 個人組手 男子-85kg 第3位
  • 2006年7月 第2回世界ベテランテコンドー選手権大会(ブルガリアソフィア
    • 椿順子 個人組手 女子-54kg 優勝
    • 椿順子 個人型 女子1段の部 優勝
  • 2005年7月 第14回世界テコンドー選手権大会(オーストラリアサンシャインコースト
    • 椿順子 団体組手 JAPAN女子 第3位
    • 椿順子 団体型 JAPAN女子 第3位
    • 赤木美千子 団体組手 JAPAN女子 第3位

文献資料・脚注[編集]

  1. ^ 日々雑感 ~テコンドーインストラクターの毎日~ 2006年3月14日

外部リンク[編集]