原采蘋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 采蘋(はら さいひん、寛政10年(1798年) - 安政6年10月1日1859年10月26日))は、江戸時代後期の女流詩人。名は猷(みち)。采蘋は号で、他に霞窓などを名乗る。江馬細香梁川紅蘭らとならぶ、江戸後期の女性漢詩人の代表的人物。男装の女流詩人として知られる。

生涯[編集]

寛政10年(1798年)筑前秋月藩に仕える父・儒学者原古処と母・ゆきの娘として生まれる。兄と弟が病弱だったため、父から期待され、漢文・詩・書道について教えを受けた。古処は江戸詰め勤務の際も娘を同行させたため、采蘋は少女時代から父に従って各地を旅し、詩を読み、各地の文人墨客と交流した。文政10年(1827年)父が死亡すると、父の遺稿を出版すべく、資金集めや出版のつてを得るため、単身で各地を遊歴し、文人と交流した。当時、女性が単身で旅行することは制度上も安全上も困難だったため、男装・帯刀して行動した。

地元の九州一円のみならず、西国や京都大坂はもちろん東は江戸・房総半島まで足を伸ばしており、その間各地の高名な詩人と交流した。彼女と詩文を交換した詩人・学者として菅茶山頼山陽梁川星巌佐藤一斎松崎慊堂らがいる。山陽の愛人・江馬細香や星巌の妻・紅蘭もまた、高名な女性詩人であった。

男装のまま各地を旅し、生涯独身を通した。安政6年(1859年)、長州藩土屋蕭海を訪ねたが、同地で病を得て客死。享年62。

人物・著作[編集]

  • 父が生存中の文政8年(1825年)、父から「不許無名入故城」(有名になる前に故郷に帰るのを許さず)との句が入った詩を贈られたため、ほとんど故郷へは帰らず、旅の人生を送ったという。
  • 江戸には長く滞在し、母を故郷から招こうとしたが、秋月藩から認められなかった。老母が病気になるに及んで故郷へ帰り、看病のかたわら私塾を開くが、母の没後は再び旅に出ている。
  • 悲願である父の詩集の出版は、果たされることはなかった。
  • 自身の詩集として『東遊漫筆』『采蘋詩集』等の著がある。
  • 男の身なりで行動しただけではなく、当時の武家の女性としては破天荒とも思われる豪放磊落な性格で、好きでも知られたという。以下のように酒に関する詩文も残されている。
呼酒
酒唯人一口  酒はただ 人と一口
戸錢不須多  戸銭 多くをもちいず
詩思有時渇  詩思いて 時に渇くことあらば
呼杯醉裏哦  杯を呼びて 酔裏に口ずさむ

参考文献[編集]