原田雪渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 雪渓(はらだ せっけい、昭和元年(1926年) - )は、日本曹洞宗僧侶福井県小浜市発心寺住職。 発心寺専門僧堂師家。曹洞宗僧侶である井上義衍の元で修行した禅僧[1][2]

経歴[編集]

1926年 愛知県岡崎市に生まれる。

1951年 曹洞宗発心寺住職・原田雪水に就いて出家得度。

1974年 発心寺住職。発心寺専門僧堂堂長。

1976年 発心寺専門僧堂師家。

1982年より 国外ではドイツ、アメリカ、インド等。国内では東京、千葉、埼玉、神戸、静岡、奈良等で参禅指導。

1998年 大本山総持寺西堂。

1999年 世界宗教者会議(ヴァチカン・アセンブリー)に曹洞宗代表として出席[2]

著書[編集]

  • 『The・禅―ダルマは世界を駆ける』柏樹社 1993年
  • 『参同契普説―The・禅 Part 2』ペンハウス 1996年
  • 『自我の本質―The・禅 その3』ペンハウス 1997年
  • 『禅に生きる―行雲流水のごとくに』ペンハウス 2000年
  • 『十玄談―原田雪渓普説』ペンハウス 2002年
  • 『色即是空―無舌人の法話』ペンハウス 2007年
  • 『宝鏡三昧普説』 ペンハウス 2014年

脚注[編集]

  1. ^ 『The・禅―ダルマは世界を駆ける』柏樹社 1993年 プロフィール
  2. ^ a b 『原田雪渓 普説 十玄談』(ペンハウス)2002年(著者プロフィール)