原田種夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 種夫(はらだ たねお、1901年明治34年)2月16日 - 1989年平成1年)8月15日)は日本の小説家、詩人。本名は種雄(たねお)。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『博多方言』(文林堂、1956)
  • 『名作のふるさと』(読売新聞九州総局、1956)
  • 『西日本文壇史』(文画堂、1958)
  • 『南国のエロス』(新潮社、1958)
  • 『実説・火野葦平―九州文学とその周辺』(大樹書房、1961)
  • 『九州の旅』(社会思想研究会出版部、1961)
  • 『人形と共に六十五年―小島与一伝』(人形と共に六十五年刊行委員会、1962)
  • 『一ツ瀬ダムとその周辺』(ジャパン・コンサルタント・ルーム、1963)
  • 『エロスの教養―南国風俗誌』(弘文堂、1966)
  • 『二宮佐天荘主人四島一二三伝』(福岡相互銀行、1966)
  • 『原田種夫全詩集』(原田種夫全詩集刊行会、1967)
  • 『臼杵石仏とその周辺』(西日本観光出版社、1967)
  • 『九州の民話』(積文館書店、1969)
  • 『さすらいの歌』(新潮社、1972 日本図書センター、1990)(江口章子の生涯)
  • 『記録九州文学〈創作篇〉「九州文学」小史』(梓書院、1974)
  • 『黎明期の人びと―西日本文壇前史』(西日本新聞社、1974)
  • 『筑紫路』(保育社、1978)
  • 『あすの日はあすの悦び』(財界九州社、1981)
  • 『べにうし―玩具の本』(村田書店、1981)
  • 『黒田騒動 上下』(ニュートンプレス、1982)
  • 『九州方言考―ことばの系譜』(読売新聞社、1982)
  • 『ペンの悦び』(西日本新聞社、1983)
  • 『原田種夫全集5巻』(国書刊行会、1983)
  • 『乱世梟商記』(叢文社、1986)
  • 『九州文壇日記』志村有弘編集(叢文社、1991)

共著[編集]

  • 『筑前のわらべ遊び』郡憲輔共著(梓書院、1973)

編集[編集]

[編集]

福岡市博多区中洲(西大橋たもと)に文学碑が建立されている。[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原田種夫文学碑”. 福岡市. 2015年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]