原田欽庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原田 欽庸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハラダ ヨシノブ
ラテン文字 HARADA Yoshinobu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-05-17) 1986年5月17日(30歳)
出身地 埼玉県川口市
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ツエーゲン金沢
ポジション GK
背番号 31
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2010
2011
2012-2013
2014-
水戸ホーリーホック
栃木ウーヴァFC
V・ファーレン長崎
ツエーゲン金沢
6 (0)
33 (0)
31 (0)
75 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

原田 欽庸(はらだ よしのぶ、1986年5月17日 - )は埼玉県川口市出身のプロサッカー選手Jリーグツエーゲン金沢所属。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

成立学園2年次に第82回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。初出場ながら3回戦まで進んだが、岐阜工業に敗れた。

2005年J2水戸ホーリーホックに入団。しかし、不動の正GK本間幸司が君臨していたため出場機会は限定され、本間が負傷でシーズンを棒に振った2006年も第2GKの武田博行にポジションを譲った。武田の栃木SC移籍後も控えのポジションすら確保できず、年間2、3試合程度の出場にとどまった。結局、2010年で水戸を退団。

2011年3月9日栃木ウーヴァFCへ移籍[1]。移籍後は原裕晃井野正行とのポジション争いを制し、自己最多の33試合に出場。初めてレギュラーとしてプレーした。

J2でのプレーを実現させるため、2012年1月16日V・ファーレン長崎へ移籍[2]。移籍後は近藤健一からポジションを奪うと、そのまま閉幕までその座を守り抜きJFL優勝とJ2昇格に貢献した。

しかし2013年に正GKの座を失い、出場試合がなかった。そして2014年にツエーゲン金沢へ完全移籍[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 水戸 31 J2 0 0 - 0 0 0 0
2006 0 0 - 0 0 0 0
2007 1 0 - 2 0 3 0
2008 0 0 - 0 0 0 0
2009 1 0 - 1 0 2 0
2010 4 0 - 0 0 4 0
2011 栃木U 30 JFL 33 0 - 2 0 35 0
2012 長崎 31 31 0 - 2 0 33 0
2013 J2 0 0 - 0 0 0 0
2014 金沢 J3 33 0 - 1 0 1 0
2015 J2 42 0 - 1 0 43 0
2016 -
通算 日本 J2 48 0 - 4 0 52 0
日本 J3 33 0 - 1 0 34 0
日本 JFL 64 0 - 4 0 68 0
総通算 145 0 - 9 0 154 0

個人タイトル[編集]

  • 2012年日本フットボールリーグベストイレブン

脚注[編集]

  1. ^ 原田 欽庸選手 栃木ウーヴァFCへ完全移籍のお知らせ 水戸ホーリーホホックオフィシャルサイト 2011年3月9日
  2. ^ 原田 欽庸選手 河端 和哉選手 加入のお知らせ V・ファーレン長崎公式サイト 2012年1月16日
  3. ^ 原田 欽庸選手 移籍加入のお知らせ - 2014年1月10日ツエーゲン金沢公式HP

関連項目[編集]