原田敬美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田敬美(はらだ けいみ、1949年 - )は、日本の建築家都市計画家政治家。2000年から2004年まで、東京都の港区長を歴任した。一級建築士技術士 (建設部門)工学博士ブルガリア・国際建築アカデミー客員教授、次世代建築家国際フォーラム日本アジア代表。

経歴[編集]

  • 早稲田大学在学の1969年、アメリカ合衆国・ウースター大学へ交換留学。
  • 1971年、スウェーデン・クリスチャンソン建築事務所に研修留学。帰国後は早稲田大学大学院進学
  • 1974年、早稲田大学大学院建設工学専攻修士課程修了
  • 1974年-1976年、フルブライト奨学金でライス大学建築系大学院に留学し修了。
  • 1977年、菊竹清訓建築設計事務所勤務。
  • 1980年、SEC計画事務所設立。
  • 1983年から、港区の街づくり懇談会、都市計画審議会、住宅とマスタープラン制定、環境調査審議会委員などを委嘱。
  • 2000年、港区長。
  • 2004年、都市政策研究所設立。
  • 2005年、イタリア・コメングッドーレ叙勲。

参考文献[編集]

  • 私の官民協働まちづくり 学芸出版会 2006年