原田幸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原田 幸一郎(はらだ こういちろう、1945年4月29日 - )は、日本のヴァイオリニスト指揮者桐朋学園大学教授、および洗足学園大学客員教授。

福岡県出身。映像作家の原田大三郎は弟。

経歴[編集]

学生時代[編集]

8歳でヴァイオリニストとしてデビュー。1961年、桐朋女子高等学校音楽科に入学し、西村新太郎、宗倫安、鷲見三郎斎藤秀雄らに師事したが、すぐにジュリアード音楽院に留学し、ポール・マカノヴィツキードロシー・ディレイイヴァン・ガラミアンらに師事した。1965年、第34回日本音楽コンクールで第2位に入賞した。

東京クヮルテット[編集]

1969年、磯村和英原田禎夫らと東京クヮルテットを結成、12年間第1ヴァイオリンを務めた。1970年、コールマン室内楽コンクール第1位を獲得、ミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門で第1位を獲得した。世界各国に演奏旅行し、国際的な評価を得る。ドイツ・グラモフォンCBSRCA、ヴァンガードに録音を残し、スイス、モントルーのグランプリ・ディスクを受賞、グラミー賞にもノミネートされた。

脱退後[編集]

1981年、東京クヮルテットを退団し以降、イタリアのスポレト音楽祭、クリーヴランド音楽院ヴァイオリン科主任教授、エール音楽院音楽部付きの四重奏団、アスペン音楽院などに招かれた。

帰国後[編集]

1983年、日本に戻り、野島稔(ピアノ)、毛利伯郎(チェロ)と東京ピアノ・トリオを結成。1986年、数住岸子(ヴァイオリン)と共に室内楽シリーズ「NADA」(ナーダ)の企画をスタートした。1990年、水戸カルテットATMアンサンブルを結成した。フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクール審査委員。

指揮活動[編集]

日本国内で指揮活動も行い、九州交響楽団でデビュー。新日本フィルハーモニー交響楽団紀尾井シンフォニエッタ東京東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団大阪フィルハーモニー交響楽団札幌交響楽団京都市交響楽団広島交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団などを指揮。1999年4月には、ニューヨークでも指揮デビューを果たした。

教職[編集]

桐朋学園大学音楽学部副部長。マンハッタン音楽院ファカルティ

外部リンク[編集]