原泰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原泰一

原 泰一(はら たいいち、明治17年(1884年)11月 - 昭和52年(1977年)7月23日)は、貴族院勅選議員日本赤十字社副社長。救護法の大家であり、方面委員(現在の民生委員制度)を考案した。

経歴[編集]

江戸南町奉行所与力・原胤昭の養子。岐阜県安八郡大藪の庄屋青木松三郎の長男として生まれる。明治41年(1908年)に慶應義塾大学理財科を卒業後、三井銀行に入社。大正10年(1921年)に米国留学。

大正12年(1923年)に欧米を視察し、大正13年(1924年)以降司法省事務嘱託、少年保護司、内務省社会局事務嘱託、保険調査会委員、中央社会事業委員会委員、軍事保護院専門委員等のほか、中央社会事業委員会理事、東京盲人会副会長、国際社会事業会議日本委員会常任理事等となり、社会保険制度調査会委員、日本赤十字社副社長となる。昭和21年(1946年)3月22日に貴族院議員に勅選された[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第5757号、昭和21年3月26日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。