原村政樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原村 政樹(はらむら まさき、1957年3月18日 - )は、日本の映画監督である。主に農業をテーマにしたドキュメンタリー映画の制作を行う。

来歴[編集]

1957年3月18日[1]千葉県に生まれる[2]上智大学を卒業したのち、フリーの助監督として、グループ現代ドキュメンタリージャパンで映像の仕事に携わる。1988年桜映画社に入社[3]。同年、東南アジア熱帯雨林破壊をテーマとした短編映画『開発と環境』で監督デビュー。2004年に制作した『海女のリャンさん』は2004年度文化庁文化記録映画大賞、第78回キネマ旬報ベストテンにおいて文化映画ベスト・ワンを受賞した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 書評】原村政樹著『無音の叫び声』生活と平和への祷り”. コモンズ (2016年7月13日). 2018年7月6日閲覧。
  2. ^ 原村政樹 経歴”. 映画.com. 2018年7月6日閲覧。
  3. ^ 原村政樹 経歴”. 映画「武蔵野」製作委員会. 2018年7月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 原村政樹の映画作品”. Movie Walker. 2018年7月6日閲覧。
  5. ^ “映画「武蔵野」を上映-大都市圏の日本農業遺産”. 農業協同組合新聞電子版. (2018年3月12日). http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/03/180312-34811.php 2018年7月1日閲覧。 

外部リンク[編集]