原宗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

原 宗子(はら もとこ、1948年7月8日[1] - )は、日本東洋史学者流通経済大学経済学部教授[2]

略歴[編集]

1967年愛知県立旭丘高等学校卒業。1971年慶應義塾大学文学部史学科(東洋史専攻)卒業。1974年学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻修士課程修了。1977年同博士課程単位取得満期退学。 1995年学習院大学より博士(史学)を取得[3]

1977年学習院大学東洋文化研究所助手・研究員。1984年流通経済大学専任講師。1986年助教授。1991年教授。

著書[編集]

  • 『古代中国の開発と環境』(研文出版、1994年)
  • 『「農本」主義と「黄土」の発生』(研文出版、2005年)
  • 『環境から解く古代中国』(大修館書店、2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 原宗子のホームページ
  2. ^ 原 宗子 - 流通経済大学 教員紹介
  3. ^ 『環境から解く古代中国』(大修館書店、2009年)