原口兼済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原口兼済

原口 兼済(はらぐち けんさい、1847年4月2日弘化4年2月17日) - 1919年6月18日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将貴族院議員男爵

経歴[編集]

森藩士・林寛吾の四男として生まれ、同藩士・原口等の養子となる。1870年陸軍兵学寮青年学舎に入り、1872年、陸軍少尉に任官し5番大隊付となる。歩兵第1連隊大隊副官陸軍士官学校付などを経て、1877年3月から9月まで西南戦争に出征した。

歩兵第3連隊大隊長、陸士生徒司令官、陸軍戸山学校次長、ドイツ差遣、戸山学校長、近衛歩兵第1連隊長などを歴任し、日清戦争末に第4師団参謀長として出征したが終戦となった。再度、戸山学校長となり、1897年9月、陸軍少将に進級。歩兵第20旅団長、台湾守備混成第1旅団長、歩兵第17旅団長、留守第1師団長、韓国駐剳軍司令官、大本営付、教育総監部参謀長などを経て、1905年1月、陸軍中将となった。日露戦争では第13師団長として樺太作戦を遂行、樺太全土を占領した。1906年7月に休職し、翌年11月13日、予備役に編入された[1]1909年4月1日、後備役となる[2]1914年4月1日に退役した[3]

1907年9月、男爵を叙爵。1910年8月から1918年7月まで貴族院議員を務めた。

親族[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7315号、明治40年11月14日。
  2. ^ 『官報』第7754号、明治42年5月4日。
  3. ^ 『官報』第503号、大正3年4月6日。
  4. ^ 『官報』第1936号「叙任及辞令」1889年12月10日。
  5. ^ 『官報』第2828号「叙任及辞令」1892年11月30日。
  6. ^ 『官報』第6582号「叙任及辞令」1905年6月10日。
  7. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  9. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  10. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。