原千代海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 千代海(はら ちよみ、男、1907年2月22日 - 2005年4月13日)は、日本の劇作家、演劇評論家、イプセン戯曲翻訳家。

大阪府出身。アテネ・フランセ高等科中退。昭和初期、内村直也田中千禾夫らと『劇作』同人として活躍、戦後は文学座主事、のち文化放送文芸部長としてラジオドラマを書いた。その後、玉川大学芸術学科演劇コース講師、60歳でノルウェー語の独習を始め、原典によるイプセン戯曲の翻訳に専念、二十年かけて全戯曲を完全個人訳した。1990年ノルウェー国王より聖オーラフ勲章授与、『イプセン戯曲全集』で日本翻訳文化賞、2000年日本演劇協会・演劇功労賞受賞。97歳の長寿を保った。

著書[編集]

  • 原千代海一幕劇集 未來社 1968
  • イプセン 生涯と作品 玉川大学出版部 1980
  • イプセンの読み方 岩波書店 2001

翻訳[編集]

  • 魔法の公子 フランス童話 ドオノア夫人 羽生書房 1949
  • ヘッダ・ガブラー イプセン 菅原卓共訳 京橋書院 1950.10
  • プチ・ショーズ ある少年の物語 アルフォンス・ドーデ 岸田国士共訳 三笠書房 1953 のち単独訳で岩波文庫
  • ナポレオン式の男 サッシャ・ギトリー 現代世界戯曲選集 白水社 1954
  • 買う女 S.パッスール 現代世界戯曲選集 白水社 1954
  • 演劇の運命 ジャン・リシャール・ブロック 未來社 1954(てすぴす叢書)
  • シメノン選集 メグレとしっぽのない小豚 早川書房 1955
  • 俳優の芸術 アンドレ・ヴィリエ 白水社 1955(文庫クセジュ)
  • クレランバール マルセル・エーメ 白水社 1956(現代海外戯曲)
  • ジロドゥ戯曲全集 第4巻 クック船長航海異聞 白水社 1958
  • チビ医者の犯罪診療簿 ジョルジュ・シメノン 早川書房 1958
  • アルザスの宿 ジョルジュ・シムノン 創元推理文庫 1960
  • 海抜三千二百メートル ジュリアン・ルシェール テアトロ 1977.7
  • イプセン戯曲全集 原典による 全5巻 未來社 1989
  • イプセンの手紙 未來社 1993.11
  • 人形の家 イプセン 岩波文庫 1996.5
  • 野鴨 イプセン 岩波文庫 1996.5
  • ヘッダ・ガーブレル イプセン 岩波文庫 1996.6