原全教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原 全教(はら ぜんきょう、1900年5月18日 - 1981年11月)は、日本登山家

石川県金沢市川除町生まれ。旧名坂部武二。8人兄弟姉妹(上から男2人、女6人)の次男。

1917年神田電気学校卒、1917年から雲水修行に入り北陸路を歩く。その後東京市役所都市計画課に勤務し1943年退職。兵役は1937年から2年間、満蒙へ出征。目黒でガリ版印刷『謄友社』を開業(現在は大田区の株式会社謄友社)。その後「新宿バーテンダースクール」の講師を経て、目黒区自由が丘にトリスバー「アイガー」を開店。その後亡くなるまで渋谷区恵比寿駅近くに焼き鳥バー「すず」を経営。没後は嫡男原信彦が後を継ぎ、再開発で立ち退きするまで営業していた。元奥武蔵研究会顧問。

木暮理太郎田部重治に続いて1925年頃から奥秩父に分け入り、その景観、古風俗、史実、人情美への礼賛は凡庸ならざるものがあり、尾崎喜八をして秩父の王子と言わしめた。その著作『奥秩父 正・続』は奥秩父全書として申し分のないものであり、空前絶後の山書と言われている。[1]

著書[編集]

寄稿・執筆[編集]

未完[編集]

  • 『山寺の歴史(仮)』スポンサーの急逝により頓挫
  • 『東京附近の谷歩き(続編)』戦火により原稿焼失
  • 『上越のスキー登山』戦火により原稿焼失
  • 『冬の南アルプス』戦火により原稿焼失
  • 『東京附近の山歩き』出版元の明正堂書店社長木村孝一の急逝で中断(原稿は現存か)

脚注[編集]

  1. ^ 原全教奥秩父続編朋文堂、1935年初版、1頁「秩父の王子」尾崎喜八著より引用

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『奥秩父 正・続』
  • 『奥秩父回帰』
  • 『岳人事典』