原克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 克(はら かつみ、1954年7月10日 - )は日本の文学者。専門は表象文化論、ドイツ文学、メディア論、都市論。早稲田大学教育学部教授。

長野県伊那市出身。立教大学文学部独文科卒。1982年同大学院文学研究科博士課程中退、神戸大学国際文化学部専任講師、1993年立教大学文学部助教授、教授、2003年早大教授。2001~2002年、ベルリンフンボルト大学客員教授。日本テレビ系世界一受けたい授業』に講師として出演している。日本ドイツ文学会、阪神ドイツ文学会、カール・アインシュタイン学会 (Carl Einstein Gesellschaft) 所属。

著書[編集]

  • 『書物の図像学-炎上する図書館・亀裂のはしる書き物机・空っぽのインク壺』三元社 1993
  • 『モノの都市論---二〇世紀をつくったテクノロジーの文化誌』大修館書店 2000
  • 『死体の解釈学---埋葬に脅える都市空間』廣済堂ライブラリー 2001
  • 『悪魔の発明と大衆操作---メディア全体主義の誕生』集英社新書 2003
  • 『ポピュラーサイエンスの時代----二〇世紀の暮らしと科学』柏書房 2006
  • 『暮らしのテクノロジー 20世紀ポピュラーサイエンスの神話』大修館書店 2007
  • 『流線形シンドローム 速度と身体の大衆文化誌』紀伊國屋書店 2008
  • 『アップルパイ神話の時代 アメリカモダンな主婦の誕生』岩波書店 2009
  • 『図説20世紀テクノロジーと大衆文化』柏書房 2009
  • 『気分はサイボーグ』角川学芸出版 2010
  • 『身体補完計画 すべてはサイボーグになる』青土社 2010
  • 『美女と機械 健康と美の大衆文化史』河出書房新社 2010
  • 『サラリーマン誕生物語 二〇世紀モダンライフの表象文化論』講談社 2011
  • 『図説20世紀テクノロジーと大衆文化 2』柏書房 2011
  • 『白物家電の神話 モダンライフの表象文化論』青土社 2012
  • 『OL誕生物語 タイピストたちの憂愁』講談社 2014

翻訳[編集]

  • マルグレット・フェルトカムプ,インゲ・ダニエルキック編著『神経生理学的治療法の理論と実際』ブラザー・ジョルダン社 1985
  • フリードリヒ・キットラー『ドラキュラの遺言 ソフトウェアなど存在しない』前田良三,副島博彦,大宮勘一郎,神尾達之共訳 産業図書 1998
  • フリードリヒ・キットラー,シュテファン・バンツ『キットラー対話 ルフトブリュッケ広場』前田良三共訳 三元社 1999
  • マンフレート・シュナイダー『時空のゲヴァルト 宗教改革からプロスポーツまでをメディアから読む』前田良三, 高木葉子共訳 三元社 2001
  • ウルフ・ポーシャルト『DJカルチャー ポップカルチャーの思想史』三元社 2004

参考[編集]