原ハムレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原ハムレット』(げんハムレット、Ur-Hamlet )("Ur-"ドイツ語で「起源の」を意味する接頭辞)は、1589年以前、すなわちシェイクスピア作の『ハムレット』(1600年前後?)以前に存在したと考えられる、作者不詳の戯曲の便宜上の名称である。シェイクスピアも、先行するこの劇を参考に、『ハムレット』を著したと考えられている。

言及されている史料[編集]

1589年、劇作家トマス・ナッシュ (Thomas Nashe) はロバート・グリーン (Robert Greene) の Menaphon の序に、次のようなことを書いている。「蝋燭の光のそばで読まれた英訳のセネカは、「血は物乞い」など、多くの良い名言を生み出した。そして、もしあなた方が、凍るような朝に恐怖を懇願するなら、彼は諸々のハムレットを与えることができようし、私は少しばかりの悲劇的台詞を言うことになろう[1]」。

興行主・演出家のフィリップ・ヘンズロー (Philip Henslowe) の日記には、1594年に『ハムレット』が上演されたという記述があり、また1596年には、医師トマス・ロッジ (Thomas Lodge) が「劇場で哀れに泣く亡霊、牡蠣売りの女のように、ハムレット、復讐せよ!」と書いている[2]

作者は誰か[編集]

ナッシュは先と同じ文章の中でトマス・キッド (Thomas Kyd) にも言及した。キッドは『ハムレット』と類似性のある『スペインの悲劇』(The Spanish Tragedy) を1582年から1592年の間に書いている。そのため、トマス・キッドが『原ハムレット』の作者だとする意見が多かった[3]

ハロルド・ブルーム (Harold Bloom) ら少数の研究者たちは、シェイクスピア本人が『原ハムレット』の作者であり、『ハムレット』は作者自身が昔の作品を書き直したものだというピーター・アレキサンダーの説を受け入れた[4]。アルフレッド・ケーンクロスも「何か新しい説がそれと正反対のことを示すまでは、1589年のナッシュおよび1594年のヘンスローが言及した劇がシェイクスピアの『ハムレット』に他ならないという説は当然と思われる[5]」と、この説を支持した。反ストラトフォード派も、『原ハムレット』なるものは存在せず、あの言及は、一般に考えられている時期より早い時期にシェイクスピアの『ハムレット』が書かれ、数度かにわたって改訂されたことを示す証拠に過ぎない、とこの説を支持している[6]。しかし、ハロルド・ジェンキンスはこの説を却下している。

いずれにせよ、『原ハムレット』は現存しないため、文体論的・言語学的比較は不可能で、キッドを作者とする証拠も、この劇がシェイクスピア本人による初期のヴァージョンであるという証拠も共にない。

脚注[編集]

  1. ^ Nashe quoted in Jenkins, p.83
  2. ^ Jenkins, p.83
  3. ^ Jenkins, p.83-4
  4. ^ Bloom, pp. xiii, 383
  5. ^ Alfred F. Carincross, The Problem of Hamlet: A Solution, London, Mcmillan, 1936
  6. ^ Charlton Ogburn Jr., The Mystery of William Shakespeare, Cardinal, 1988, pg 631

参考文献[編集]

  • Bloom, Harold, Shakespeare: The Invention of the Human. New York, 1998.
  • Hamlet, Prince of Denmark, Philip Edwards, ed. Cambridge, 2003. Original Edition 1985. (New Cambridge Shakespeare)
  • Hamlet, Harold Jenkins, ed. Methuen & Co., 1982. (The Arden Shakespeare, Second Series)

関連項目[編集]