原りょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「原尞」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

原 尞(はら りょう、1946年12月18日 - )は、日本推理作家。本名は原 孝佐賀県鳥栖市生まれ。福岡県立福岡高等学校九州大学文学部美学美術史科卒業。福岡高校の同期に医師の中村哲がいる。

経歴[編集]

大学卒業後上京。フリージャズピアニストとして活動し、高木元輝阿部薫らと共演した。1971年、日本幻野祭に高木元輝トリオのメンバーとして出演。このときの演奏は『幻野』のタイトルでレコード化されている。その後、帰郷して執筆に専念、1988年、西新宿に事務所を構える中年私立探偵・沢崎を主人公とした『そして夜は甦る』で作家デビュー。

作品は自身も愛読したレイモンド・チャンドラーの作品群に影響を強く受けており、原はその事やチャンドラーへの憧れ、敬意を表明している。また、『そして~』の「あとがきにかえて」では『ひとつのハードボイルド論――マーロウという男』という、沢崎と同作に登場したライター・佐伯とがフィリップ・マーロウについて語り合う内容のものを執筆している。

『そして~』から第2作『私が殺した少女』発表まで1年半、『私が~』から第3作『さらば長き眠り』発表まで(短編集を挟んで)6年、『さらば~』から第4作『愚か者死すべし』発表まで9年、『愚か者~』から第5作『それまでの明日』発表まで14年を要しており、デビュー以来30年で長編5作、短編集1冊、エッセイ集1冊(文庫化にあたり2分冊)と、自他ともに認める寡作、遅筆作家である。(『私が~』を発表したのが『そして~』から1年半後であったことに関して)「われながら困惑するほどの遅筆ぶり」であるとあとがきで述べている。

なお、主人公である「沢崎」の、下の名前は著者しか知らず、発表の予定も公表するつもりもないらしい。

文学賞受賞・候補歴[編集]

作品[編集]

長編小説[編集]

  • そして夜は甦る(1988年4月 早川書房 / 1995年4月 ハヤカワ文庫
  • 私が殺した少女(1989年10月 早川書房 / 1996年4月 ハヤカワ文庫)
  • さらば長き眠り(1995年1月 早川書房 / 2000年12月 ハヤカワ文庫) - 文庫版のみ掌編「世紀末犯罪事情」を収録。
  • 愚か者死すべし(2004年11月 早川書房 / 2007年12月 ハヤカワ文庫)
  • それまでの明日(2018年3月 早川書房)[1]

短編集[編集]

  • 天使たちの探偵(1990年4月 早川書房 / 1997年3月 ハヤカワ文庫 / 2005年11月 埼玉福祉会【大活字本】)
    • 収録作品:少年の見た男 / 子供を失った男 / 二四〇号室の男 / イニシャル"M"の男 / 歩道橋の男 / 選ばれる男 / 探偵志願の男(文庫版、大活字本のみ)

エッセイ集[編集]

  • ミステリオーソ(1995年6月 早川書房)
    • 【増補分冊】ミステリオーソ(2005年4月 ハヤカワ文庫)
    • 【増補分冊】ハードボイルド(2005年4月 ハヤカワ文庫)

日本国外での翻訳[編集]

韓国[編集]

  • 그리고 밤은 되살아난다 (2008.11, 비채(ビチェ))-そして夜は甦る
  • 내가 죽인 소녀(2009.06, 비채(ビチェ))-私が殺した少女
  • 천사들의 탐정(2016.04, 비채(ビチェ))-天使たちの探偵
  • 안녕, 긴 잠이여(2013.10, 비채(ビチェ))-さらば長き眠り

台湾[編集]

  • 暗夜的嘆息 (2006.08, 尖端文化)-そして夜は甦る
  • 我殺了那個少女 (2006.11, 尖端文化)-私が殺した少女

フランス[編集]

  • Nuit sur la ville(1994.11, Albin Michel / 2003.06, Philippe Picquier)-そして夜は甦る

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原尞、14年ぶりの新刊『それまでの明日』、2018年3月1日発売決定!”. 早川書房 (2018年1月1日). 2018年2月18日閲覧。