相模中央交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
厚木相中から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
相模中央交通株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
243-0017
神奈川県厚木市栄町一丁目1番7号
北緯35度26分22.8秒
東経139度21分33秒
座標: 北緯35度26分22.8秒 東経139度21分33秒
設立 1953年7月24日
業種 陸運業
法人番号 3021001019776 ウィキデータを編集
事業内容 タクシー業
代表者 代表取締役社長 福山 裕
資本金 1億円
純利益 5400万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 23億4100万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 61億0300万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 1,099名
主要株主 神奈中タクシーホールディングス(100%)
主要子会社 海老名相中、厚木相中、湘南相中
外部リンク https://www.sck.co.jp/
テンプレートを表示

相模中央交通株式会社(さがみちゅうおうこうつう)は、かつて小田急グループ神奈中グループに存在したタクシー会社である。神奈川県県央部や東京都南多摩を営業エリアとしていた。保有台数は2019年の時点で390両であった[2]

子会社および関連会社である海老名相中・厚木相中・湘南相中・伊勢原交通および同じ神奈中グループのタクシー会社である神奈中ハイヤーグループ各社と共に、神奈中タクシーホールディングスの子会社[3]となっており、共通の「Kanachu-Taxi」の行灯(神奈中ハイヤーは赤、相模中央交通は緑)を使用していたほか、タクシー配車センターも地域ごとに両社共通化されていた。

2019年7月、神奈中タクシーホールディングスに吸収合併され消滅した[2]

沿革[編集]

  • 1967年 - 湘北交通株式会社と湘南交通株式会社が合併し[4]、相模中央交通株式会社となる(1950年までタクシー会社を運営し、神奈川中央交通へ統合した旧・相模中央交通とは異なる)。
  • 2000年 - 相模小田急交通(海老名市)[5]・厚木小田急交通(厚木市)[6]・湘南小田急交通(藤沢市)[7]の3社を、それぞれ海老名相中・厚木相中・湘南相中に社名変更。
  • 2009年 - 神奈中ハイヤーと経営統合し、神奈中タクシーホールディングス子会社[3]となる。
  • 2014年 - 大和市コミュニティバス3路線の受託運行を開始(海老名相中)。
  • 2017年 - 各営業エリアに1台ずつ、1991年頃まで使用していた車体デザインを再現したリバイバルタクシーを導入[8]
  • 2019年令和元年)7月 - 顧客サービスの向上や乗務員の確保などを目的に、神奈中ハイヤー伊勢原交通と共に親会社の神奈中タクシーホールディングスに吸収合併され消滅した[2]

営業所[編集]

コミュニティバス[編集]

海老名相中が運行するやまとんGO(日産・NV350キャラバン)

2014年から、限定的ながら以下のとおり路線バス事業を開始している。

大和市コミュニティバス(海老名相中が運行)
  • やまとんGO 中央林間西側地域
  • やまとんGO 深見地域
  • やまとんGO 桜ヶ丘地域

なお、同じ大和市コミュニティバスのやまとんGO相模大塚地域ルートおよびのろっと北部・南部ルートは、神奈川中央交通東・大和営業所が担当している。

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 相模中央交通株式会社 第73期決算公告
  2. ^ a b c グループ再編(子会社の吸収合併)に関するお知らせ - 神奈中タクシーホールディングス。2019年5月
  3. ^ a b 会社概要 - 神奈中タクシーホールディングス。2016年6月
  4. ^ 会社案内 - 相模中央交通。2016年6月
  5. ^ 海老名相中 - 神奈川県タクシー協会。2016年6月
  6. ^ 厚木相中 - 神奈川県タクシー協会。2016年6月
  7. ^ 湘南相中 - 神奈川県タクシー協会。2016年6月
  8. ^ 往年の車体デザイン再現 相模中央交通と神奈中ハイヤーカナロコ、2019年6月閲覧。

外部リンク[編集]