コンテンツにスキップ

即応支援部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Rapid Support Forces
即応支援部隊
アラビア語: قوات الدعم السريع
RSFの紋章
創設 2013年8月
国籍 スーダンの旗 スーダン
兵科 準軍事組織
兵力 100,000人 (2023)[1]
上級部隊 スーダン軍(以前)
ウェブサイト RSF SD
指揮
RSF Commander モハメド・ハムダン・ダガロ
アラビア語: محمد حمدان دقلو‎ ("Hemetti")[2]
RSF deputy head アブドゥル・ラヒム・ハムダン・ダガロ[3]
識別
略称 RSF
テンプレートを表示

即応支援部隊(そくおうしえんぶたい、アラビア語: قوات الدعم السريع‎、英語: Rapid Support Forces)は、アフリカ北東部のスーダン共和国準軍事組織。略称はRSF(アールエスエフ)で、日本語では迅速支援部隊(じんそくしえんぶたい)[注 1]あるいは高速支援軍(こうそくしえんぐん)[11]とも称される。

RSFはダルフール紛争中にスーダン政府側として戦闘に従事し、なおかつ民間人への虐殺行為を行ったことで知られる民兵組織「ジャンジャウィード」から発展した組織である[12][13]ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ダルフールにおけるRSFの行動について人道に対する罪に該当するとの見解を示している[4]

RSFはスーダン国家情報安全局英語版の管理下にあるが、軍事作戦の実行時はスーダン軍の指揮下に置かれていた[14]

起源[編集]

RSFはスーダン政府がダルフール紛争において反政府勢力との戦闘のために用いたジャンジャウィード民兵をルーツとしている。2013年4月に発生した南北コルドファンにおけるスーダン革命戦線英語版(SRF)の共同攻撃を受け、ダルフール地方・南コルドファン州青ナイル州の反政府勢力と戦うために、ジャンジャウィード民兵組織を再編・復活させて2013年に正式に結成された[3]

指導者と構成員[編集]

2013年 - 2014年に創設されて以来、RSFはモハメド・ハムダン・ダガロヘメッティ[注 2])が指揮官を務めている[15][2]。2019年9月 (2019-09)現在、ヘメッティの兄弟であるアブドゥル・ラヒム・ハムダン・ダガロ英語版が副代表を務めている[3]

ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、2014年2月にはダルフール地区に5,000人 - 6,000人の構成員が存在すると推定される[4]。2016~2017年には、イエメン内戦に40,000人のRSFメンバーが参戦した。2019年10月下旬、10,000人がスーダンに帰還していた[6]。2019年には、リビアにおよそ1,000人のRSF兵士が存在しており、ハリファ・ハフタル率いるリビア国民軍(LNA)を支援していた[5]

ロイター通信によれば、2023年時点でRSFの構成員数は100,000人に上るという[1]

活動[編集]

移民コントロール[編集]

ダルフールにおける役割に加え、RSFはリビアとの国境警備や、スーダンを含むアフリカ諸国がヨーロッパへの移民流出を防止するためのイニシアティブであるハルツーム・プロセス英語版に対応して、エリトリアエチオピア難民を検挙するためにも配置されている[16]

ビジネス[編集]

2017年11月、へメッティはRSFを利用してダルフール地方における金鉱を支配した。これにより、2019年にはスーダンで最も裕福な人物の一人となった[17]。へメッティの兄弟であり、RSFの副代表であるAbdul RahimはAl Junaid社(Al Gunade社とも)を率いており、この企業はの採掘と取引に関与している[18]

2019年12月、Global WitnessはRSFおよびAl Junaid社に関する調査を実施し、「RSFとAl Junaidの両者が金融取引において密接に結びついている」と主張し「RSF(とAl Junaid社)はスーダンの金産業の広範囲を取り込み、自分たちの活動資金に使用している可能性が高い」と述べた。これに対し、Al Junaidのゼネラルマネージャートムソン・ロイターの取材に対して、「両者の間に密接な繋がりはない」と述べている[18]

RSFはGSKと称されるスーダンの小規模なテクノロジー企業およびTradive General Trading LLCと称されるアラブ首長国連邦に拠点を置く企業をフロント企業として保有している。両社はへメッティの兄弟であるAlgoney Hamdan Dagaloによって支配されている[18]

ダルフール紛争[編集]

ダルフール紛争中の2014年 - 2015年、RSFはスーダン軍の航空・地上支援を受けながら、反復的に村を攻撃して焼き払い、民家を占拠した。また、村民に暴行、レイプ、処刑などを行った[4]。RSFの処刑やレイプは基本的には反逆者が退去して後に村で行われている。ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、これらの攻撃は組織的なものであり、人道に対する罪の要件を満たすものである[4]

ワグネル・グループとの関係[編集]

Al Araby TV英語版の報道によれば、「ロシアの準軍事組織であるワグネル・グループとHemettiの間に繋がりがある」という疑惑が持たれている。

流出した文章や情報によれば、ワグネル・グループはRSFに対して装甲車武装ヘリコプターなどの訓練や装備を提供したことが報告されている。加えて、2018年にへメッティがロシアを訪問した際、ロシア企業がセキュリティサービスを提供したとされている[19]

ワグネル・グループはシリアリビア中央アフリカ共和国など、世界各地における紛争や人権侵害に関与してきた記録がある[20]2019年スーダンクーデターにおいてデモ隊に対して残忍な弾圧を実施したり、ダルフールなどスーダン各地で人権侵害を行ってきたとされるRSFの創設者であるHemettiの役割から、人権侵害への関与についても疑われている[19]

スーダン政府はワグネル・グループとの関連を否定しているが、この報道はへメッティが主権評議会 (Sovereign Council) のポジションを利用して、ロシア企業との関係を構築したことを示唆している[20]

他国の内戦への関与[編集]

リビア内戦[編集]

2019年7月、第2次リビア内戦リビア西部戦線英語版において、約1000名のRSF兵士がリビアに投入され、トブルクを拠点とするハリファ・ハフタル率いるリビア国民軍(LNA)を支援した。LNAは、トリポリを拠点とする国民統一政府と交戦していた[5]

イエメン内戦[編集]

RSFは2015年からのイエメン内戦に参戦しており、ハーディ政権派の勢力を支援している。 RSFと他のスーダン治安部隊は、サウジアラビアが主導するイエメンへの介入へともに参加し、民間人の殺害やインフラの破壊を実施したことでヒューマン・ライツ・ウォッチから戦争犯罪の疑いを掛けられている[21][22][23][24]

2016年と2017年には、RSFは約40,000人の兵力をイエメン内戦に投入した。2019年10月後半、10,000人がスーダンに帰還した[6]

2018年 - 2019年のスーダン革命における人権侵害[編集]

RSFはスーダン革命英語版中のハルツームの虐殺英語版において抗議者100名を殺害し、500名を負傷させ、女性をレイプし、家屋を強奪した[25][26][27]

2019年6月初旬のイード・アル=フィトルの初日、「RSFが死亡した抗議者にコンクリートブロックを結びつけ、ナイル川に沈めて発見されないように隠蔽した」との報道が複数あった[28][29][30][25]。The Central Committee of Medical Doctorsは100名以上が殺害されたと発表した[31]。 2019年6月6日、アムネスティ・インターナショナルクミ・ナイドゥ英語版は、RSFの全メンバーをスーダンの全土(特にハルツーム)において警察や法執行機関から排除するように呼びかけた[31]

ハルツームでの殺害に加え、2018年 - 2019年の危機における人権侵害(70名の男女に対するレイプ、平和的な座り込み活動を標的とした攻撃、病院への攻撃など)はRSFに起因するとされている[32][12][33][33]

スーダンの医師中央委員会は、「2019年6月10日 - 12日にジャンジャウィード・RSFがAl-Dalij (Al-Delig) 村の市場で9人を射殺した」と報告した[34][35]。この虐殺および市場を焼き払った行為は、市民の不服従への対応だとされる[35]

2023年のスーダン軍との衝突[編集]

2023年4月15日、RSFがスーダン各地の都市から動員を実施し、スーダン軍との間で戦闘が発生した。大統領府およびRSF本部での戦闘が報告された[36][37]

この衝突の結果として、RSFはスーダン軍から反政府勢力に指定された。ハルツームの戦いを含む衝突の日、両者がハルツーム国際空港メロウェ空港、そして主要都市を掌握したと主張した[38]

スーダンでの戦闘の最中、ロシアの民間軍事会社ワグネルから地対空ミサイルなどの武器供与を受けていると報道があった。

隣国リビアにあるワグネルが使用している基地や、ロシア輸送機のスーダン周辺での活動が異常に増加していることが、衛星写真などから分析されている[39]

2023年6月1日、アメリカは即応支援部隊とスーダン軍が停戦協議の合意事項に違反したとして、双方の関連企業に対して経済制裁を科すと発表した。対象となった即応支援部隊の関連会社は、金採掘事業を通じて資金を供給している貿易会社[40]が含まれており、部隊の資金源の一部が明らかにされることとなった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ "rapid"の訳が分かれている。日本外務省時事通信社などは「即応支援部隊」[7][8]、BBC日本語版などは「迅速支援部隊」[9]としている。また、2019年BBC日本語版の記事などは「急速支援部隊(きゅうそくしえんぶたい)」としている[10]。本稿では外務省に倣って「即応支援部隊」と訳した。
  2. ^ Hemetti、Hemedti、Hemeti、Hemitteなど転記に揺れがある。

出典[編集]

  1. ^ a b “Factbox: Who are Sudan's Rapid Support Forces?”. Reuters. (2023年4月13日). https://www.reuters.com/world/africa/who-are-sudans-rapid-support-forces-2023-04-13/ 2023年4月15日閲覧. "Analysts estimate the force numbers about 100,000, with bases and deployments across the country." 
  2. ^ a b “Who are Sudan's RSF and their commander Hemeti?”. Al Jazeera English. (2019年6月6日). オリジナルの2019年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190607012042/https://www.aljazeera.com/news/2019/06/sudan-rsf-commander-hemeti-190605223433929.html 2019年6月6日閲覧。 
  3. ^ a b c “Sudan: Former President al-Bashir denied bail in corruption trial”. Al Jazeera English. (2019年9月7日). オリジナルの2019年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191208083405/https://www.aljazeera.com/news/2019/09/sudan-president-al-bashir-denied-bail-corruption-trial-190907142209879.html 2019年12月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d e Loeb, Jonathan (9 September 2015). "Men With No Mercy" – Rapid Support Forces Attacks against Civilians in Darfur, Sudan. オリジナルの13 September 2019時点におけるアーカイブ。. http://archive.wikiwix.com/cache/index2.php?url=https%3A%2F%2Fwww.hrw.org%2Freport%2F2015%2F09%2F09%2Fmen-no-mercy%2Frapid-support-forces-attacks-against-civilians-darfur-sudan 2019年9月13日閲覧。. 
  5. ^ a b c “1,000 Sudanese militiamen arrive in Libya”. Radio Dabanga. (2019年7月25日). オリジナルの2019年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190726192708/https://www.dabangasudan.org/en/all-news/article/1-000-sudanese-militiamen-arrive-in-libya 2019年7月26日閲覧。 
  6. ^ a b c “Sudan withdraws 10,000 troops from Yemen”. Sudan Tribune. (2019年10月30日). オリジナルの2019年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191031014137/https://sudantribune.com/spip.php?article68404 2019年10月31日閲覧。 
  7. ^ スーダン国軍と即応支援部隊との衝突(外務大臣談話)”. 時事通信社 (2023年4月16日). 2023年4月22日閲覧。
  8. ^ RSFとは何者か 独裁者が保護した第2の軍隊―強力な資金源、頼みは「外部」・スーダン”. 時事通信社 (2023年4月22日). 2023年4月22日閲覧。
  9. ^ スーダン、24時間の停戦守られず 死者200人近くに”. BBC (2023年4月19日). 2023年4月22日閲覧。
  10. ^ スーダン軍、民主化デモを弾圧 「46人死亡」 と当局者”. BBC (2019年6月6日). 2023年4月22日閲覧。
  11. ^ スーダン戦闘、長期化の恐れ 米長官が警告 バイデン氏は制裁示唆」『ロイター通信』2023年5月4日。2023年5月5日閲覧。
  12. ^ a b Ismail, Nermin (2019年9月6日). “Sudan eyewitness: Militiamen raped men, women”. Deutsche Welle. 2023年4月16日閲覧。
  13. ^ Burke, Jason; Salih, Zeinab Mohammed (2019年6月9日). “Millions join general strike in Sudan aimed at dislodging army” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2019/jun/09/general-strike-sudan-shutdown 2023年4月16日閲覧。 
  14. ^ "RSF to Uproot Rebels". Sudan Vision Daily, 19 May 2014.
  15. ^ Tekle, Tesfa-Alem (2014年6月11日). “Calls for probe into Iran toxic waste dumped in Eritrea” (英語). Sudan Tribune. 2023年4月16日閲覧。
  16. ^ “British domestic politics clash with human rights in the Horn of Africa”. The Economist. (2016年10月1日). https://www.economist.com/news/britain/21707972-british-domestic-politics-clash-human-rights-horn-africa-hello-right-hand-meet 2016年10月1日閲覧。 
  17. ^ de Waal, Alex (2019年7月20日). “Sudan crisis: The ruthless mercenaries who run the country for gold”. BBC News. オリジナルの2019年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190721231109/https://www.bbc.com/news/world-africa-48987901 2019年7月21日閲覧。 
  18. ^ a b c Exposing the RSF's secret financial network”. Global Witness (2019年12月9日). 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月11日閲覧。
  19. ^ a b ذراع الكرملين و"ذهب السودان الضائع".. ما علاقة مجموعة فاغنر بحميدتي؟” (アラビア語). التلفزيون العربي. 2023年4月16日閲覧。
  20. ^ a b Russia, Wagner Group expand ties with Sudan – Al-Monitor: Independent, trusted coverage of the Middle East” (英語). www.al-monitor.com. 2023年4月16日閲覧。
  21. ^ “Yemen: Events of 2018” (英語). World Report 2019: Rights Trends in Yemen. (17 January 2019). https://www.hrw.org/world-report/2019/country-chapters/yemen 2019年6月25日閲覧。 
  22. ^ el-Baghdadi, Iyad (2019年6月11日). “Opinion | The Princes Who Want to Destroy Any Hope for Arab Democracy” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/06/11/opinion/sudan-protests.html 2019年6月25日閲覧。 
  23. ^ Refugees, United Nations High Commissioner for. “Refworld | Sudan's Controversial Rapid Support Forces Bolster Saudi Efforts in Yemen” (英語). Refworld. 2019年6月25日閲覧。
  24. ^ Halliday, Josh; Asthana, Anushka (2017年4月2日). “Met police look at allegations of Saudi war crimes in Yemen” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2017/apr/02/met-police-examine-allegations-saudi-arabia-war-crimes-yemen 2019年6月25日閲覧。 
  25. ^ a b “Sudan crisis: Death toll from crackdown rises to 60, opposition says”. BBC News. (2019年6月5日). https://www.bbc.com/news/world-africa-48512413 2019年6月5日閲覧。 
  26. ^ Lynch, Justin (2019年6月5日). “Remember The Darfur Genocide? With Saudi Help, One of the Killer Commanders There Is Taking Over Sudan”. The Daily Beast. オリジナルの2019年6月8日時点におけるアーカイブ。. http://archive.wikiwix.com/cache/index2.php?url=https%3A%2F%2Fwww.thedailybeast.com%2Fremember-the-darfur-genocide-with-saudi-help-one-of-the-killer-commanders-there-is-taking-over-sudan 2019年6月8日閲覧。 
  27. ^ Albaih, Khalid (2019年6月7日). “No, it's not over for the Sudanese revolution”. Al Jazeera English. オリジナルの2019年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190607204958/https://www.aljazeera.com/indepth/opinion/sudanese-revolution-190607082209760.html 2019年6月7日閲覧。 
  28. ^ Linge, Thomas van (2019年6月5日). “#Sudan : the footage shows how bricks of cement were tied to the bodies in order to make them sink to the bodum of the #Nile so they could never be found. #SudanUprising” (英語). @ThomasVLinge. 2019年7月18日閲覧。
  29. ^ Elbagir, Yousra (2019年6月4日). “He says, "some people were beaten to death and thrown in the Nile, some shot multiple times and thrown in the Nile and others were hacked with machetes and thrown in the Nile. It was a massacre."” (英語). @YousraElbagir. 2019年6月25日閲覧。
  30. ^ Obai (2019年6月5日). “pic.twitter.com/73PBXXe7xQ”. @grdoon. 2019年6月25日閲覧。
  31. ^ a b Sudan: Remove Rapid Support Forces from Khartoum streets immediately”. Amnesty International (2019年6月6日). 2019年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  32. ^ Salih, Zeinab Mohammed; Burke, Jason (2019年6月11日). “Sudanese doctors say dozens of people raped during sit-in attack” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. オリジナルの2019年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190611225436/https://www.theguardian.com/world/2019/jun/11/sudan-troops-protesters-attack-sit-in-rape-khartoum-doctors-report 2023年4月16日閲覧。 
  33. ^ a b Sudanese Rapid Support Forces Are Targeting Hospitals, Peaceful Sit-In; Dozens of Civilians Reported Killed” (英語). PHR (2019年6月3日). 2023年4月16日閲覧。
  34. ^ “Sudan army, protesters to resume talks on transitional council”. Al Jazeera English. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612052341/https://www.aljazeera.com/news/2019/06/sudan-army-protesters-resume-talks-transitional-council-190611175433606.html 2019年6月12日閲覧。 
  35. ^ a b مليشيا الدعم السريع تركب مجزرة في "دليج" وتحرق السوق وتنهب ممتلكات المواطنين”. al-Hamish Voice (2019年6月10日). 2019年6月12日閲覧。
  36. ^ Abdelaziz, Khalid; Eltahir, Nafisa; Eltahir, Nafisa (2023年4月15日). “Sudan clashes kill at least 25 in power struggle between army, paramilitaries” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/africa/heavy-gunfire-heard-south-sudanese-capital-khartoum-witnesses-2023-04-15/ 2023年4月16日閲覧。 
  37. ^ 'People are terrified': Heavy fighting erupts in Sudan” (英語). Al Jazeera. 2023年4月16日閲覧。
  38. ^ “Sudan: Army and RSF battle over key sites, leaving 56 civilians dead” (英語). BBC News. (2023年4月15日). https://www.bbc.com/news/world-africa-65284945 2023年4月16日閲覧。 
  39. ^ ワグネルがスーダンの準軍事組織に兵器供与、証拠浮上 CNN EXCLUSIVE”. CNN.co.jp. 2023年4月29日閲覧。
  40. ^ 米国、スーダンに制裁 国軍とRSFの資金遮断”. 日本経済新聞 (2023年6月2日). 2023年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]