印東玄得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

印東 玄得(いんどう げんとく、本姓・坪井[1]1850年嘉永3年) - 1895年(明治28年)11月25日[2])は、幕末から明治にかけての医学者。東京大学助教授[1]

経歴[編集]

紀伊新宮出身[2]1876年東京医学校卒業[3]。准医学士となり、薬物学に長ず[1]1879年、東京大学助教を拝命[1]

1881年頃、助教授に任じ、1884年10月に花岡院長の没後を継いで第一医院副院長心得となり、1887年10月に医学士の称号を授与される[1]

阿部泰蔵等と明治生命保険を創立[1]、その保険医となる[2]。1895年11月25日、東京に没す[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『国民過去帳 明治之巻』476頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c 印東 玄得とはコトバンク。2020年12月6日閲覧。
  3. ^ 『東京帝国大学一覧 明治33-34年』第二十章 学士及卒業生姓名 医学士512 - 513頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年12月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『東京帝国大学一覧 明治33-34年』東京帝国大学、1886 - 1912年。
  • 大植四郎編『国民過去帳 明治之巻』尚古房、1935年。
  • 福沢諭吉書簡