印東玄得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

印東 玄得(いんどう げんとく、1850年嘉永3年) - 1895年(明治28年)11月25日)は、幕末から明治にかけての医学者。日本最初の保険医。

経歴[編集]

紀州神宮に生まれ、のち江戸に出て印東家の養子となり家督を相続。慶應3年(1867年)12月に慶應義塾に入塾し、のちに医学を教授する。明治4年(1871年)大学東校に入学し、課程終了後、東京医学校に勤務。明治14年に明治生命を立ち上げるにあたり、医長となる。印東は医長として医事全般の企画や査定を主な任務とした。この他、明治16年5月から母校・慶應義塾にて後藤牧太箕作佳吉、中村貞吉らと共に理学講習会を教授した。

参考文献[編集]