この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

卯水咲流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

うすい さりゅう
卯水 咲流
プロフィール
別名 森山 綾乃
生年月日 1985年12月25日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 169 cm / kg
スリーサイズ 84 - 59 - 87 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル アダルトビデオ
AV出演 2013年 -
他の活動 女優モデルタレント
その他の記録
第31回 クラリオンガール パフォーマンス賞(2006年)
AV女優テンプレート | カテゴリ

卯水 咲流(うすい さりゅう、1985年12月25日 - )は、日本AV女優女優モデルタレント東京都出身[1][注 1]Diaz Group所属[3]

略歴

2006年、「森山綾乃」名義で「クラリオンガール」パフォーマンス賞を受賞[2]オスカープロモーションに所属していた[いつまで?]

ドラマ「嬢王」で桜木凛と共演し、以前から興味のあったAV業界と接点を持ち、「脱げる女優」になりたいという思いが強くなる[4]

2012年10月16日、現在の芸名になり、『フラッシュ』10月30日号にグラビアが掲載される。同年12月25日、『週刊大衆ヴィーナス』1月25日号でヘアヌード披露。

2013年2月1日、MUTEKIから発売される『爽健美人』でAVデビュー[5]。きっかけは「モデル活動にいま一つ納得できなくて」[6]

2013年6月以降アイデアポケットから、また2014年9月以降アタッカーズから作品を出すようになり、両社専属の時期が続いたが、2015年後半からは種々のレーベルの作品に出演。また、並木優霜月るなと共に、BRW108のDJ部を結成し、台湾[7]や国内[8]のイベントで実演している。

2018年10月21日、新宿ロフトプラスワンで開催された高須基仁プロデュースVol.89「第24回熟女クイーンコンテスト」にて第24代クイーンに選ばれる[9][10][11]

人物

自他ともに認めるアニメオタク。モットーは「life is オタク」[12]。好きな作品は「無敵超人ザンボット3」。

前述のようにいわゆる芸能界出身者であるが、デビュー直後は肩書の力を借りたくないとインタビューなどではこの時期の話をNG項目にしていた[12]

趣味は、読書・映画鑑賞[1]。特技は、生け花・楽器(トランペット)演奏[1]。トランペットは、クラリオンガールコンテストの際に演奏している[13]

出演

ドラマ

舞台

映画

  • 乳酸菌飲料販売員の女(2017年、AMGエンタテインメント)乳酸菌飲料販売員の女役
  • 黒い過去帳 私を責めないで(2017年1月6日、Xces Film) - 黒瀬波美/花野香織 役[14]
  • 絶倫探偵 巨乳を追え!(2018年8月17日、オーピー映画) - 彩 役[15]
  • 新橋探偵物語(2018年、OP PICTURES) - 彩 役(「絶倫探偵~」の一般公開用編集版)[16]

オリジナルビデオ

  • ブレインウォッシュ 洗脳(2017年、ニューセレクト) - 里奈 役[17]
  • 裏闇金の女ユカリ・琉球ノワール(2018年4月、監督:あらかきヨシヒト) - ユカリ 役

CM・広告

雑誌(主なもの)

イベント

  • ハンゲーム 夏祭り
  • タニタ 新商品発表会
  • 芸術祭コンテスト 着物ショー

インターネット番組

  • トイズハートプレゼンツ「ハートの部屋(仮)」(2018年3月4日、ニコニコ生放送)*第26回ゲスト[18][19]
  • グラドルVSセクシー女優!水泳大会2018春(2018年3月23日、AbemaTV AbemaGOLD)[20]
  • トイズハートプレゼンツ「私がオタクなばっかりに」(2018年5月13日、ニコニコ生放送)*第2回ゲスト[21][22]
  • トイズハートプレゼンツ「私がオタクなばっかりに」(2018年8月19日、ニコニコ生放送)*第5回ゲスト[23][24]
  • トイズハートプレゼンツ「私がオタクなばっかりに」(2018年12月16日、ニコニコ生放送)*第9回ゲスト[25]

作品

アダルトDVD・ブルーレイ

イメージビデオ

  • 妻美喰い 変態願望/卯水咲流(2014年7月29日、オルスタックピクチャーズ)

グラビア

  • ヌードWEBグラビア「GRAPHIS」(2013年2月14日、撮影:YUSUKE.MIURA)

書籍

写真集


インタビュー

  • 【何度でもいくらでも出るオシッコと潮!】時間が止まる女子便所で圧巻の噴射を見せた【卯水咲流短期集中インタビュー前編】(2016年3月25日、DMM NEWS.R18)[26]
  • 【【撮影でイケない時は帰ってオナニー!】エロを撮影で間に合わせちゃう自称オタクの美女【卯水咲流短期集中インタビュー後編】(2016年4月1日、DMM NEWS.R18)[27]
  • 【前編】マニアックな作品名がぽんぽこ飛び出してオタク話が止まらず、見た目のとギャップに違和感ありあり。 キラキラ女子を捨ててオタク道を突き進む卯水咲流さんの明日はどっちだ!【卯水咲流 人気AV女優インタビュー】(2018年8月16日、XCITY)[28]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ デビュー当時の出身地は、福岡県となっている[2]

出典

  1. ^ a b c d 公式プロフィール”. 出演タレント紹介. MUTEKI. 2013年9月13日閲覧。
  2. ^ a b “「Clarion Music 2006」「Clarion Girl 2006」決定” (プレスリリース), クラリオン, (2006年9月13日), http://www.clarion.com/jp/ja/newsrelease/index_2006/060913_01/index.html 2013年9月13日閲覧。 
  3. ^ DiazGroup所属モデル
  4. ^ “【後編】いま、初めて明かされる!AVデビューのきっかけは、あの有名AV女優のひと言だった!!&それ、おかずになるの?日常のほんのちょっとした 仕草をエロに昇華させるっていう高度な技をお持ちのようです。【卯水咲流 人気AV女優インタビュー】” (日本語). XCITYでエロ動画を根こそぎ体験しよう!. https://xcity.jp/idol/detail/8123/?interview_id=126517 2018年11月8日閲覧。 
  5. ^ モデル、女優として活躍した卯水咲流が“フェロモン全開ヌード”で悩殺する”. 週プレNEWS. 集英社 (2013年1月16日). 2013年9月12日閲覧。
  6. ^ 「元芸能人新人AV女優座談会」、『週刊プレイボーイ』2013年7月1日号、集英社。
  7. ^ AV並木優想尬金城武 來台搞DJ秀”. 蘋果即時. 台灣蘋果日報 (2015年5月1日). 2015年12月23日閲覧。
  8. ^ AV女優80人集結の音楽フェスで吉沢明歩が新曲発表、最優秀パフォーマンス賞はミリオンガールズZ”. T-SITE. 集英社 (2015年8月25日). 2015年12月23日閲覧。
  9. ^ 卯水咲流が第24代熟女クイーン「名に恥じぬよう」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  10. ^ 熟女クイーンはスレンダーボディーの32歳・卯水咲流さん”. 東スポWEB. 東京スポーツ (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  11. ^ 高須基仁氏主催、熟女クイーンコンテストで32歳元タレントに栄冠”. スポーツ報知. スポーツ報知 (2018年10月23日). 2018年10月23日閲覧。
  12. ^ a b “【前編】マニアックな作品名がぽんぽこ飛び出してオタク話が止まらず、見た目とのギャップに違和感ありあり。 キラキラ女子を捨ててオタク道を突き進む卯水咲流さんの明日はどっちだ!【卯水咲流 人気AV女優インタビュー】” (日本語). XCITYでエロ動画を根こそぎ体験しよう!. https://xcity.jp/idol/detail/8123/?interview_id=126516 2018年11月8日閲覧。 
  13. ^ 喜びを伝えたいのは「未来の旦那さん!」〜クラリオンガールに19歳の尹(ゆん)さん”. オリコンスタイル. オリコン (2006年9月15日). 2015年12月23日閲覧。
  14. ^ 黒い過去帳 私を責めないで”. pg-pinkfilm.com. 2018年8月25日閲覧。
  15. ^ 絶倫探偵 巨乳を追え!”. pg-pinkfilm.com. 2018年8月13日閲覧。
  16. ^ “【朗報】高校生も合法で鑑賞できるピンク映画!『OP PICTURES+フェス2018』今週末からテアトル新宿で開催。豪華18作品が連日上映&出演女優の舞台挨拶イベントもてんこ盛り!リピーター割引も。【予告編ムービー17本掲載。チェックしてね!】 (2/2ページ) - FANZAニュース(旧DMM.R18)” (日本語). FANZAニュース(旧DMM.R18). https://news.dmm.co.jp/article/1000135/?page=2 2018年8月25日閲覧。 
  17. ^ ブレインウォッシュ 洗脳”. アルバトロスフィルム. 2018年3月4日閲覧。
  18. ^ 第26回ゲスト:卯水咲流
  19. ^ “「ハートの部屋(仮)」第26回ゲスト卯水咲流ちゃんが意外にも超オタクトーク<麻雅庵のセクシーアイドル覗きアナ>”. 東スポ裏通りWeb. (2018年3月17日). http://www.dansen-web.com/article/detail/1956381/ 
  20. ^ グラドルVSセクシー女優!水泳大会2018春”. AbemaTV(アベマTV) (2018年3月22日). 2018年3月26日閲覧。
  21. ^ トイズハートプレゼンツ「私がオタクなばっかりに」第2回 ゲスト:卯水咲流
  22. ^ “トイズハートのニコ生「私がオタクなばっかりに」に卯水咲流<麻雅庵のセクシーアイドル覗きアナ>驚異の視聴者数を誇るAV女優のニコ生!?トイズハートプレゼンツ「私がオタクなばっかりに」第2回目はオタク男子と魂が入れ替わった美女?卯水咲流登場!”. 東スポ裏通りWeb. (2018年5月24日). http://www.dansen-web.com/article/detail/8080864/ 
  23. ^ 「私がオタクなばっかりに」第5回ゲスト:卯水咲流
  24. ^ “ニコ生「私がオタクなばっかりに」第5回は超ド級オタク卯水咲流<麻雅庵のセクシーアイドル覗きアナ>”. 東スポ裏通りWeb. (2018年8月25日). http://www.dansen-web.com/article/detail/2387355/ 
  25. ^ 「私がオタクなばっかりに」第9回ゲスト:卯水咲流
  26. ^ AVデビュー4年目に突入し、ますます勢いに乗る卯水咲流ちゃん。4月1日にMOODYZから発売の「時間が止まる女子便所 無意識に失禁するオンナ達」では大量の放尿と潮吹きでスタッフを驚かせたという。今回はこの作品にまつわるエピソードや撮影の裏側についてじっくり聞いてみよう。”. DMM NEWS.R18 (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  27. ^ 昨秋より企画系に出演し、活躍とセックスの幅を広げる咲流ちゃん。彼女がこの先目指す世界は? また、どんな日常を送り、どんな恋愛やセックスをするのか。今回は女優業についてだけでなく気になるプライベートも聞いちゃいましょう。”. DMM NEWS.R18 (2016年4月1日). 2016年4月1日閲覧。
  28. ^ 【前編】マニアックな作品名がぽんぽこ飛び出してオタク話が止まらず、見た目のとギャップに違和感ありあり。 キラキラ女子を捨ててオタク道を突き進む卯水咲流さんの明日はどっちだ!”. XCITY (2018年8月16日). 2018年8月16日閲覧。

外部リンク

※以下は、18禁サイト