卯子酉様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
卯子酉様
Unedori Shrine.JPG
縁結びの赤い布
所在地 岩手県遠野市遠野町2地割
位置 北緯39度19分30.9秒
東経141度30分49.4秒
主祭神 卯子酉明神
創建 江戸時代
別名 卯子酉神社、卯子酉大明神
テンプレートを表示

卯子酉様(うねどりさま)は岩手県遠野市の愛宕山の東麓に鎮座する神社卯子酉神社卯子酉大明神とも呼ばれ、恋愛成就のとして知られる。

祭神[編集]

卯子酉明神を祀る。

かつて一帯は大きな淵でそこに「淵の主」が住み、その主に男女の縁を祈願すると不思議に叶い、特に信仰の篤い者には時として主自らが姿を現したといい[1]、現在では祠の前にある木々の枝に、左手だけで赤い布を結びつけることができたら、縁が結ばれると云われる。

由緒[編集]

江戸時代に遠野の商人港屋平兵衛が、普代村鳥居の卯子酉明神(鵜鳥神社)を勧請して創建したと伝わる。なお、祠の傍らにある小池には往時は片葉のが生えていたという[1]

その他[編集]

岩手県内には遠野市を中心に各所に卯子酉様と呼ばれる祠がある。

交通[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 柳田國男遠野物語』拾遺35。