卜部平麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
卜部平麻呂
時代 平安時代前期
生誕 大同2年(807年
死没 元慶5年12月5日881年12月29日
改名 真雄→平麻呂
別名 日良麿
官位 従五位下丹波介
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 卜部宿禰
豊宗
テンプレートを表示

卜部 平麻呂(うらべ の ひらまろ)は、平安時代前期の貴族。名は真雄日良麿とも記される[1]は宿禰。卜部氏(伊豆卜部氏)の祖。子に豊宗がいる[1][2][3]官位従五位下丹波介

出自[編集]

平麻呂は伊豆国の出身とされるが、その出自は明らかではない。大中臣清麻呂の孫にあたる智治麻呂の子とする系図もあるが[1][2][4]、宿禰姓の平麻呂が朝臣姓の大中臣氏の後裔であることは考えにくいことから、後世の仮冒とされる[5]。ほかに、中臣氏族とし、卜部嶋足[6]あるいは卜部宮守[7]の子とする系図もある。

経歴[編集]

幼い頃から亀卜亀甲を焼くことで現れる亀裂の形(卜兆)により吉凶を占うこと)を習得した。神祇官の卜部となり、亀卜により義疑を決するにあたって能力を発揮したという。卜術に優れていたことから、承和5年(838年)の遣唐使に加わり入唐する[8]。翌年帰国した後、神祇大史・神祇少佑を経て、文徳朝末の斉衡4年(857年従五位下に叙せられる。

天安2年(858年)神祇権大佑に任ぜられ宮主を兼ね、貞観8年(866年三河権介を経て、貞観10年(868年内位の従五位下に叙位。こののち、備後介丹波介清和朝後半以降は地方官を歴任すると共に、真雄から平麻呂に改名している。

元慶5年(881年)12月5日卒去。享年75。最終官位は従五位下行丹波介。

官歴[編集]

日本三代実録』による。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『諸家知譜拙記』
  2. ^ a b 尊卑分脈
  3. ^ 「卜部氏系図」(『続群書類従』巻第179所収)
  4. ^ 「卜部氏系図」(『続群書類従』巻第179所収)では「治麻呂」の子とする。
  5. ^ 太田亮『新編 姓氏家系辞書』秋田書店、1974年
  6. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻6,卜部(原文による。ただし、鈴木真年により嶋足から宮守に修正されている)
  7. ^ 鈴木真年『史略名称訓義』後柏原天皇の項,卜部兼倶
  8. ^ 『日本三代実録』元慶5年12月5日条

参考文献[編集]