博物学の欲望 リンネと時代精神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

博物学の欲望 - リンネと時代精神』は生物学史を専門とする松永俊男の新書である。博物学の世紀と呼ばれる18世紀、カール・フォン・リンネの時代が紹介される。1992年、講談社現代新書で発刊された。

リンネの生涯を追いながら、世界のすべてを分類しつくそうとするリンネとその協力者、後継者たちが紹介される。植物分類体系の歴史、学名の命名法の歴史も概説される。

紹介される生物学者、博物学者[編集]

  • カール・フォン・リンネ - 1730年、23歳で『植物の婚礼序説』を書き、翌年から植物の雄しべと雌しべの数を綱(クラス)としその下に目(オーダー)、属(ジーナス)を設ける分類をはじめる。1735年『自然の体系』を出版した。1741年からウプサラ大学で教え、後継者を育てた。
  • ジョン・レイ - イギリスの医師、博物学者、フランシス・ウィラビとともに動植物の完全な目録の作成をめざした。『植物誌』などの編著者。
  • ツルヌフォール - フランス、パリ植物園長『基礎植物学』(1694年)を出版、花弁の形などで22の綱、700の属に分類する体系をつくる。
  • アントワーヌ・ローラン・ド・ジュシュー - フランスの植物学者
  • アウグスト・アイヒラー - ドイツの植物学者、現在の分類体系の大枠を作った。

書誌情報[編集]

  • 『博物学の欲望―リンネと時代精神』、講談社現代新書(1992年8月)ISBN 9784061491106