南里征典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
南里 征典
誕生 南里勝典
1939年8月24日
福岡県糟屋郡宇美町
死没 (2008-01-18) 2008年1月18日(68歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1978年 - 2008年
ジャンル 冒険小説社会派ミステリー伝奇ロマン、官能サスペンスなど
代表作未完の対局
『紅の翼』
『特命課長』シリーズ
『魔界戦記』シリーズ
主な受賞歴 日本文芸大賞現代文学賞(1982年)
日本文芸家クラブ大賞特別賞(1992年)
デビュー作 『鳩よ、ゆるやかに翔べ』(1979年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

南里 征典(なんり せいてん、1939年8月24日 - 2008年1月18日)は、日本の小説家

人物[編集]

福岡県糟屋郡宇美町出身。本名・南里勝典。福岡県立香椎高等学校を中退。上京し大下宇陀児に師事する。1959年同人誌「福岡文芸」創刊に参加。1960年から日本農業新聞の記者となり、以後20年間勤務する。

1978年立原夏彦名義で「危険な童話」を第4回問題小説新人賞に応募、受賞しなかったものの、翌1979年の「問題小説」9月号に同作を「鳩よ、ゆるやかに翔べ」と改題し、南里征典名義で発表する。1980年に新聞記者を辞めて執筆活動に専念する。同年、アマゾン川上流の原爆製造秘密基地をめぐる冒険小説『獅子は闇にて涙を流す』を発表。続いて1981年に、ブラジルで家族を皆殺しにされた男が謎の組織に立ち向かう『獅子は怒りて荒野を走る』、日本海海戦で沈没したロシアの輸送艦の引き揚げをめぐる『黄金海峡』など多数の冒険小説を発表。1980年代の冒険小説を代表する作家の一人となる[1]

また1980年に日中合作映画『未完の対局[2]のノベライゼーションを担当、執筆中に吐血し胃と十二指腸の摘出手術を受けるが、入院中にも点滴を受けながら執筆、同作で日本文芸大賞現代文学賞受賞。1992年にはアメリカ人冒険飛行家C.バンクボーンによる太平洋横断飛行の物語『紅の翼』で第1回日本文芸家クラブ大賞特別賞を受賞した。1994年から1999年まで『日本文芸家クラブ』2代目理事長を務める。

1984年『欲望銀行殺人事件』から官能色のある作品を書き始め、1987年には『成城官能夫人』に始まる夫人ものシリーズ、特命課長シリーズなどを発表。「作家というものは、彼が生きている時代と社会と人間の、従軍記者である」という持論[3]のもとに、冒険小説に始まり、社会派ミステリー伝奇ロマン、官能サスペンスなどの多彩な分野で執筆した。伝奇バイオレンス作品に、地下帝国アスカルダの超常戦士の戦いを描く『魔界戦記』シリーズがある[4]1999年版『この文庫がすごい』の「元気が出る文庫」では『秘命欲望課長』がエントリーされた。

1999年、脳出血で倒れるも作家活動を継続していた。膵臓癌で死去。

作品[編集]

  • 獅子は闇にて涙を流す(トクマ・ノベルズ、1980年 のち徳間文庫)
  • 黄金海峡(光文社、1981年 のち徳間文庫)
  • 獅子は怒りて荒野を走る(トクマ・ノベルズ、1981年 のち徳間文庫)
  • 密林よ熱き獣を誘え(フタバノベルス 1981年8月)
  • 蒼き湖の叛乱(トクマ・ノベルズ 1981年12月 のち文庫)
  • 未完の対局徳間書店、文庫同時発売 1982年) 同名映画のノベライゼーション
  • ダモクレスの剣(フタバノベルス 1982年)
  • 鷹は、はばたいた(カドカワノベルズ 1982年1月)
  • 風よ、夕陽に告げよ(カドカワノベルズ 1982年4月)
  • オリンピック殺人事件(講談社ノベルス 1982年10月)
  • 夜は警鐘を鳴らす(カドカワノベルズ 1983年5月)
  • 薔薇よ黒豹を呼べ(トクマ・ノベルズ 1983年4月 のち文庫) 「黒豹の赤い薔薇」(コスモノベルス)
  • 天草は血染めの刃(講談社ノベルス 1983年11月 のち文庫)
  • 死者に捧げる望郷歌(トクマ・ノベルズ 1983年10月 のち文庫)
  • 鮮血をダイヤで飾れ(光風社出版 1984年2月) 「溺れ蜜狂い蜜」(廣済堂文庫)
  • 核戦争を救った男(光風社出版 1984年7月)
  • 欲望銀行殺人事件(トクマ・ノベルズ 1984年8月 のち文庫)
  • 宝石保険の陰謀(青樹社 1984年11月 (Big books) ) 「夜は牝獣の祭り」(ケイブンシャ文庫)
  • 機密狩り(光文社 1984年12月 (カッパ・ノベルス) のち徳間文庫)
  • 墜ちた南十字星(青樹社、1984年)「血の収穫」(天山文庫)、「欲望南十字星」(青樹社文庫)
  • 25時街の殺人(廣済堂出版 1985年6月 blue books) のち文庫)
  • 東京摩天楼の罠(光風社ノベルス 1985年3月 のち廣済堂文庫)、「野望都市」(光風社文庫)
  • 鍾乳洞美女殺人事件 ヴィーナスの熱い罠(講談社ノベルス 1985年4月) 「田園調布真紅夫人」(講談社文庫)
  • 謀殺の荒野(有楽出版社 1985年4月) 「肉狩りの収穫」(光風社文庫)
  • 盲点 銀行強盗奥多摩に消ゆ(青樹社 1985年5月 (Big books)) 「血の目撃」(天山文庫)、「欲望の復讐者」(青樹社文庫)
  • 青春山河(徳間書店 1985年8月)
  • 絢爛たる日蝕(光風社ノベルス 1985年10月) 「殺意は情事の日に」(双葉文庫)、「淑女が堕ちた蜜の罠」(光風社文庫)
  • 深夜牝猫結社 牝猫女医探偵シリーズ(廣済堂出版 1986年2月 のち文庫)、「女医の聖餐」(リイド文庫、ケイブンシャ文庫)
  • 修羅が裁く(光風社ノベルス 1986年3月)
  • 東京魔界(サンケイノベルス 1986年3月) 「欲望闇資金」(青樹社文庫)
  • 黄金の黙示録(青樹社 1986年3月 (Big books)) 「血の挽歌」(天山文庫)、「欲望闇稼業」(青樹社文庫)
  • 魔界殺戮人(有楽出版社 1986年4月) 「熱い裸に罠がある」(光風社文庫)
  • 掠奪魔界(フタバノベルス 1986年6月 のち文庫)
  • 飾り窓は獲物の匂い(トクマ・ノベルズ 1986年6月 のち徳間文庫、双葉文庫)
  • 魔焔の殺意(廣済堂出版 1986年11月 blue books)) 「湖畔荘の殺人」(廣済堂文庫)、「女医の祭壇」(リイド文庫、ケイブンシャ文庫)
  • 欲望殺界(光風社ノベルス 1987年1月) 「血の饗宴」(天山文庫)、「欲望淫蕩の罠」(光風社文庫)
  • 東京魔界 2(サンケイノベルス 1987年3月) 「欲望地下金脈」(青樹社文庫)
  • 暗殺都市(フタバノベルス 1987年4月 のち文庫)、「欲望街の淑女牝」(ケイブンシャ文庫)
  • 魔界戦記(トクマ・ノベルズ 1987年6月)
  • 妖魔狩り 牝猫女医探偵シリーズ(廣済堂出版 1987年9月 blue books) のち文庫)、「女医の祝宴」(リイド文庫、ケイブンシャ文庫)
  • 琵琶湖・十和田湖密会殺人慕情(フタバノベルス 1987年12月 のち文庫)
  • 裸身献花祭(ケイブンシャ文庫 1987年11月)
  • 成城官能夫人(講談社ノベルス 1987年 のち文庫)
  • 魔界戦記 妖淫激闘篇(トクマ・ノベルズ 1988年3月)
  • 東京魔界淫霊伝説(扶桑社 1988年5月) 「欲望黄金鉱脈」(青樹社文庫)
  • 追いつめる女(光風社ノベルス 1988年8月)
  • 蜜狩りの街(有楽出版社 1988年6月) 「新宿欲望探偵」(角川文庫)
  • 魔性淫戮の館(勁文社ノベルス 1988年11月 のち文庫)
  • 魔界淫殺行(トクマ・ノベルズ 1988年10月)
  • 結婚ラプソディ 富士山麓恋唄(青樹社 1988年11月 (Big books))
  • 黒真珠の女(有楽出版社 1989年2月) 「欲望の謝肉祭」(角川文庫、ケイブンシャ文庫)
  • 艶殺魔女伝説(青樹社 1989年8月 (Big books)) 「欲望艶女伝説」(青樹社文庫)
  • 暗闇坂の殺人(廣済堂出版 1989年8月 blue books)
  • 魔淫殺人街(天山ノベルス 1989年5月) 「欲望の蜜猟者」(青樹社文庫)
  • 天狼拳伝説 王者憤怒編(フタバノベルス 1989年9月 のち文庫)
  • 武蔵野薔薇夫人(講談社ノベルス 1989年10月 のち文庫)
  • 秘宴の令夫人(有楽出版社 1989年11月)
  • 初夜の殺意(1989年12月 (ケイブンシャ文庫))
  • 夜よ修羅を呼べ(廣済堂出版 1989年8月 blue books) 「薔薇の狩人」(廣済堂文庫)
  • 魔淫孔雀伝(天山ノベルス 1989年12月) 「欲望の掠奪者」(青樹社文庫)
  • 野望は甘き蜜の匂い(扶桑社、1989年) 「背徳の野望」(祥伝社 (ノン・ポシェット))
  • 野望の祝宴(扶桑社、1990年) 「背徳の野望 真昼の誘惑編」(祥伝社 (ノン・ポシェット))
  • 麻布憂愁夫人(講談社ノベルス 1990年4月 のち文庫)
  • 真紅のドレスの女 導淫師覚え帖(有楽出版社 1990年7月) 「欲望の女相続人」(角川文庫、光文社文庫)
  • 新宿探偵物語(フタバノベルス 1990年8月 のち文庫)
  • 野望の収穫 課長本郷貫太郎シリーズ(扶桑社ノベルス 1990年3月) 「背徳の野望 蜜の罠編」(祥伝社 (ノン・ポシェット))
  • 湘南薔薇屋敷(大陸書房 1990年8月 のち文庫)
  • 加賀友禅の女(有楽出版社 1990年10月)
  • 獅子よ花野に眠れ(廣済堂出版 1990年3月 blue books))
  • 闇からの脅迫者(光風社ノベルス 1990年4月)
  • 黄金魔宮伝説(勁文社ノベルス 1990年6月) 「欲望の官能戦士」(ケイブンシャ文庫)
  • 結婚劇場(扶桑社、1991年) 「背徳の祝祭」(祥伝社 (ノン・ポシェット))
  • 王妃よ黒獅子を呼べ(実業之日本社 1991年8月 (Joy novels))
  • 紅の翼 太平洋初横断飛行記録(トクマ・ノベルズ 1991年4月)
  • 緑宝石の女(有楽出版社 1991年6月) 「欲望の導淫師」(角川文庫)
  • 魔淫王女伝(天山ノベルス 1991年8月) 「欲望淫女狩り」(青樹社文庫)
  • 女豹の殺意(光風社出版 1991年6月 のち文庫)
  • 黒部黄金魔境(廣済堂出版 1991年4月 blue books) 「背徳夫人の蜜の罠」(廣済堂文庫)
  • 紫水晶の女(有楽出版社 1991年2月) 「欲望カメラマン」(角川文庫)
  • 自由ケ丘密会夫人(講談社ノベルス 1991年4月 のち文庫)
  • 成城快楽夫人(大陸書房 1991年12月) 「欲望インストラクター」(角川文庫、ケイブンシャ文庫)
  • 天狼拳伝説 女王危機編(フタバノベルス 1991年8月 のち文庫)
  • 天城峠秘湯殺人(天山ノベルス、1992年 「欲望女社長」(角川文庫)
  • 悪党稼業(光風社出版 1992年5月 のち文庫)
  • 欲望秘書室(フタバノベルス 1992年6月 のち双葉文庫、徳間文庫)
  • 赤坂哀愁夫人(講談社ノベルス 1992年1月 のち文庫)
  • 女取締役の秘事(有楽出版社 1992年2月) 「背徳の女取締役」(祥伝社 (ノン・ポシェット))
  • 鎌倉化粧坂殺人事件(徳間文庫 1992年3月)
  • 怒りの爆殺荒野(大陸書房 1992年6月) 「淑女牝の罠」(飛天文庫)
  • 道玄坂裸女殺人(廣済堂出版 1992年4月 blue books) 「財閥未亡人の誘惑」(廣済堂文庫、徳間文庫)
  • 美女と破壊兵器 黒獅子決戦録(実業之日本社 1992年10月 (Joy novels)) 「特命美女狩り」(廣済堂文庫)
  • 欲望の狩人(角川文庫 1992年10月 のち光文社文庫)
  • 背徳の黄金(祥伝社 1992年10月 (ノン・ポシェット))
  • 欲望重役室(フタバノベルス 1992年12月 のち双葉文庫、徳間文庫)
  • 背徳のダイヤ(祥伝社 1992年7月 (ノン・ポシェット))
  • 鎌倉誘惑夫人(講談社ノベルス 1992年8月 のち文庫)
  • 特命欲望課長(徳間文庫 1993年11月)
  • 女取締役の密議(有楽出版社 1993年11月) 「欲望女重役」(角川文庫)、「禁断の蜜」(祥伝社文庫)
  • 金閣寺密会夫人(講談社ノベルス 1993年12月) 「金閣寺秘愛夫人」(講談社文庫)
  • 箱根峠欲望殺人(カドカワノベルズ 1993年6月) 「箱根湖畔欲望殺人」(講談社文庫)
  • 東京背徳夫人(講談社ノベルス 1993年7月) 「山手背徳夫人」(講談社文庫)
  • 明智覇王伝奇(スコラ 1993年6月 (Scholar novels))
  • 東京濃蜜夫人(講談社ノベルス 1993年1月)(『夕刊フジ』1992年4-12月連載「重役室夜の(秘)指令」)1995年 講談社文庫『道玄坂濃蜜夫人』改題
  • 欲望の裸体画(角川文庫 1993年3月)
  • 官能病棟 美人理事長・涼子(フタバノベルス 1993年7月 のち双葉文庫、徳間文庫)
  • 欲望戦略課長(トクマ・ノベルズ 1993年9月 のち文庫)
  • 欲望秘書課長(トクマ・ノベルズ 1993年4月 のち双葉文庫
  • 女取締役の手管(有楽出版社 1993年5月) 「女取締役の欲望」(角川文庫)、「禁断の応接室」(祥伝社文庫)
  • 密命誘惑課長(光文社文庫 1994年8月 のち徳間文庫)
  • 財閥夫人の甘い罠(廣済堂、1994年) 「軽井沢絶頂夫人」(講談社文庫)
  • 寝室の蜜猟者(飛天文庫 1994年1月 のち講談社文庫)
  • 背徳の宝冠(祥伝社 1994年2月 (ノン・ポシェット))
  • 女社長の特命(有楽出版社 1994年2月) 「紅薔薇の秘命」(光文社文庫)
  • 密命欲望課長(徳間オリオン 1994年2月 のち徳間文庫、双葉文庫)
  • 秘宴の紋章(飛天文庫 1994年6月 のち講談社文庫)
  • 未亡人社長の秘事(有楽出版社 1994年10月) 「未亡人社長の秘命」(光文社文庫)
  • 新宿不倫夫人(講談社ノベルス 1994年11月) 「新宿爛蕩夫人」(講談社文庫)
  • 欲望誘惑添乗員(トクマ・ノベルズ 1994年11月 のち文庫)
  • 欲望のダイヤモンド(青樹社文庫 1994年9月)
  • 丸の内欲望課長(徳間文庫 1994年4月)
  • 肉体の狩人(カドカワノベルズ 1994年3月 のち講談社文庫)
  • 欲望密会課長(徳間文庫 1995年9月)
  • 特命秘術課長(光文社文庫 1995年9月)
  • 特命謀略情事(中央公論社 1995年7月 (C★NOVELS)) 「秘命課長狙われた美女」(講談社文庫、原題で廣済堂文庫)
  • 野望の不倫同盟(有楽出版社 1995年10月) 「社長若夫人の秘密」光文社文庫
  • 成城淑女館の猟人(日本文芸社 1995年3月 のち文庫、ケイブンシャ文庫)、「成城淑女館の帝王」(桃園文庫)
  • 人妻官能塾(フタバノベルス 1995年6月 のち文庫)
  • 背徳の紋章(桃園新書 1995年5月) 「背徳の門」(祥伝社 (ノン・ポシェット))
  • 背徳の銀行(祥伝社 1995年6月 (ノン・ポシェット))
  • 重役室(秘)指令(勁文社ノベルス 1995年12月 のち文庫)
  • 欲望の淑女狩り(角川文庫 1995年11月)
  • 欲望情事社員(トクマ・ノベルズ 1995年5月 のち徳間文庫、ケイブンシャ文庫)
  • 特命攻略課長(光文社文庫 1995年7月)
  • 密命征服課長(光文社文庫 1995年1月 のち徳間文庫)
  • 女王陛下の欲望(角川文庫 1995年1月) 「欲望街の女豹」(ケイブンシャ文庫)
  • 欲望極秘指令(トクマ・ノベルズ 1996年11月 のち文庫)
  • 密命驀進課長(光文社文庫 1996年3月)
  • 野望の情事社員(実業之日本社 1996年3月 (Joy novels)) 「美貌課長の秘命」(光文社文庫)
  • 欲望モデル喰い(角川文庫 1996年3月) 「禁断のモデル倶楽部」(祥伝社文庫)
  • 夜の官能秘書(廣済堂出版 1996年1月 blue books のち文庫)
  • 特命潜入課長(光文社文庫 1996年6月)
  • 背徳の美女狩り(桃園新書 1996年6月) 「背徳の情事」(祥伝社文庫)
  • 今夜も謝肉祭(日本文芸社ノベルス 1996年1月) 「淑女たちの謝肉祭」(日本文芸社文庫)
  • 六本木官能夫人(講談社ノベルス 1996年2月) 「六本木芳熟夫人」(講談社文庫)
  • 背徳の巨塔(双葉社 1996年7月 のち文庫)
  • 財閥夫人の秘事(有楽出版社 1996年8月 のち光文社文庫)
  • 秘命野望情事(中央公論社 1996年6月 (C novels)) 「秘命課長獣たちの野望」(講談社文庫、原題で廣済堂文庫)
  • 特命猛進課長(光文社文庫 1996年9月)
  • 野望の銀行(祥伝社 1996年7月 (ノン・ポシェット))
  • 情事の契約(飛天文庫 1996年11 のち講談社文庫)
  • 常務夫人の密命(有楽出版社 1997年3月 光文社文庫)
  • 誘惑の銀行(祥伝社 1997年7月 (ノン・ポシェット))
  • 秘命欲望課長(徳間文庫 1997年4月 のち双葉文庫)
  • 艶やかな秘命(光文社文庫 1997年2月)
  • 愛さずにはいられない(双葉文庫 1997年9月)
  • 人妻不倫祭(1997年10月 フタバノベルス のち文庫)
  • 魔性の淑女牝(飛天文庫 1997年7月 のち講談社文庫)
  • 密命黄金情事(中央公論社 1997年8月 (C novels)) 「秘命課長黄金の情事」(講談社文庫)、「密命・牝犬狩り」(廣済堂文庫)
  • 密猟者の秘命(光文社文庫 1997年9月)
  • 夜の美人秘書(廣済堂出版 1997年3月 blue books のち文庫)
  • 銀座飾窓夫人(講談社ノベルス 1997年11月) 「銀座魔性夫人」(講談社文庫)
  • 淑女の援助交際(トクマ・ノベルズ 1997年11月 のち文庫)
  • 花盛りの社長室(桃園新書 1998年1月)
  • 禁断のホテル(祥伝社 1998年7月 (ノン・ポシェット)) 「誘惑のホテル」(文庫)
  • 淑女牝の狩人(廣済堂出版 1998年10月 blue books)
  • 人妻の試乗会(有楽出版社 1998年3月 のち光文社文庫)
  • 長崎熟恋の女(光文社文庫 1998年9月)
  • 博多秘愛の女(光文社文庫 1998年4月)
  • 野望課長の情事(実業之日本社 1998年5月 (Joy novels))
  • 華やかな牝獣たち(講談社ノベルス 1998年12月 のち文庫)
  • 箱根湯けむりの女(光文社文庫 1998年12月)
  • 絶頂請負人(廣済堂文庫 1998年12月)
  • 欲望の仕掛人(講談社ノベルス 1998年7月 のち文庫)
  • 怒涛がゆく(廣済堂出版 1998年7月)
  • 出張撮影師が行く(日文文庫 1999年9月)
  • 特命突破課長(光文社文庫 1999年10月)
  • 華麗なる契約(桃園書房 1999年2月)
  • 銀座・夜の代行屋(廣済堂出版 1999年12月 blue books) 「銀座・情欲代行人」(廣済堂文庫)、「悦楽請負人」
  • オフィス街の妖精(トクマ・ノベルズ 1999年2月 のち文庫)
  • 京都薄化粧の女(光文社文庫 1999年3月)
  • 巨悪病棟(フタバノベルス 1999年4月)
  • 艶熟夫人の試運転(有楽出版社 1999年)
  • 新宿欲望探偵(光文社文庫 2001年3月)
  • 背徳の官能婦人(徳間文庫 2001年4月)
  • 美人女医失踪(双葉文庫 2003年5月)
  • 欲望の裸体画(徳間文庫 2003年6月)
  • 艶やかな情事(徳間文庫 2004年4月)

[編集]

  1. ^ 郷原宏(徳間文庫『黄金海峡』1987年)
  2. ^ 映画製作と小説執筆を同時スタートするのは初の試みであった
  3. ^ 『血の饗宴』天山文庫 1990年「あとがき」
  4. ^ 東雅夫、石堂藍編『日本幻想作家名鑑 別冊幻想文学』幻想文学出版局、1991年